忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653] [652]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年7月27日(土) 等々力競技場 川崎フロンターレ 1-1 名古屋グランパス


毎日が蒸し蒸しと暑い日が続き、これでまだ夏本番じゃないというのだから今年の夏の暑さの天井が
末恐ろしいところですが、暑いからこそサッカーで更に熱くなるのがサッカーバカ!と、いうことで
サッカーが観たくて、関東近辺で開催されているJ1リーグで一番、行きやすい川崎フロターレを観に
行ってきました!

やっぱり、暑い時はスポーツを観るに限ります。正直、夏なのにドームとか室内で観戦なんてもった
いない、と思う性質です。やっぱり、暑いからこそ屋外で冷たい飲み物と出店の焼きそばを片手に
サッカー観戦は最高です!!夏サッカーは、マジでいいですよ!

080726-flontale-1.jpg









数年前まで川崎に住んでいたのですが、当時はまだ、我がアルビもフロンターレもJ2で切磋琢磨し
ており、よく等々力競技場には足を運んでいたのですが、アルビ戦でフロンターレを大差で勝利した
時に等々力競技場の2階席からアルビサポのバックスタンドにペットボトルを投げらる(当時の警備は
J2ということもあって、かなり緩かったなぁ)と言う事件があったので、川崎フロンターレ=暴力的と
思っていたのですが、我がアルビが先にJ1へと昇格し、一時期等々力競技場へ足が遠のいていたの
ですが、川崎がJ1になり憲剛・ジュニーニョ・我那覇ら、J2で奮闘していた選手が中心となり、いつの
間にアルビを追い抜いてJ1の強豪に仲間入りしてから、よく足を運ぶようになっています。
しかし、何故か、私が見る等々力競技場での対フロンターレ戦は惨敗の歴史。開幕戦でいきなり、
大量失点で負けるは、交代枠全部使ってGK退場になって”例の菊池くん”がGKをやったりと散々な
結果しか憶えていません(だから、私は仲間のアルビサポから疫病神って呼ばれるんだ)

しかし、今回はフロンターレVSグランパス。まったく、思いいれもなくサッカーを楽しむためだけの観戦
です。どちらも応援するし、どちらのチャンスにも腰を浮かしてしまいました。(アウェーゴール裏観戦
でしたけど)

080726-flontale-2.jpg








この日、学生達がすでに夏休み突入とあって、等々力競技場に詰め掛けた観客は驚きの2万3千人。
座る場所を探すのに大変でした。(名古屋サポは、女の子が多いですね。特に背番号11のユニを着た
娘が多い。)

080726-flontale-3.jpg








実は、今回の試合、初めて名古屋グランパスの試合を始めてみます。なかなか、名古屋観戦は縁が
なかったのですが、ピクシーが監督してるところも観てみたかったので、よかったです。

で、試合の方ですが、名古屋が増川やバヤリッツァを中心に堅い守備を敷き、小川・マギヌンを中心
とした攻撃陣が両サイドをワイドに開き、サイド中心にカウンターで攻め、川崎は、チョン・テセ、ジュニ
ーニョの凶悪ツートップにビトール・ジュニオールが絡む攻撃を憲剛が鋭いパスで操る。

戦前から聞いていた通り、名古屋グランパスの整備されたサイドオンリー攻撃が素晴らしかった。少々、
CFWが怖さを感じない、と言うのがありましたが極端すぎるほど徹底したサイドアタックには、現在の
名古屋の順位を納得させるだけの説得力がありました。
サイドラインギリギリのサイドアタックと、サイドバックとセンターバックの間のスペースを攻める2通り
のサイドアタックをたくみに使い分け、川崎DFに数多くのクロスを叩き込みチャンスを作っていました。
しかし、ヨンセン・玉田がサイドに張り出すことが多く、クロスの的になるのが少し遅れていたように
見えました。
逆に川崎は、試合を通して中盤でボールを支配し、強力な2トップで名古屋守備陣を切り裂くも決定
機でポストに嫌われるなどで得点を奪えませんでしたが、前節にデビューしたビトール・ジュニオール
がなんとか追加点を奪い、同点に。その後も圧倒的な個人技と憲剛を中心とした中盤でゲームを
支配しようとするもサイドをワイドに使う名古屋になかなかプレスが掛からず、攻めるも攻撃に厚み
を作れず、結局1-1のドロー。

この試合、目を奪われたのはビトール・ジュニオール。この選手、めちゃめちゃいい選手です。少し、
若気のいたりな部分も見え隠れしていましたが、圧倒的な個人技とジュニーニョ並の突破力、そして
剛と柔を使い分けたプレイススタイルは、またも川崎は良い外国人を補強した、とため息が漏れて
しまいました。

あと、この日の試合で触れなければいけないことが。

080726-flontale-4.jpg








ハーフタイムショーに登場した”西条秀樹”さん!!
”傷だらけのローラ”と”ヤングマン”を熱唱していただいていたのですが、私の予想では去年の
トヨタカップのケミストリー並に超スルーされると思っていたのですが、スタジアム超ノリノリ!!!
スタジアム全員でのYMCAはかなり壮観!!
こんなに盛り上がるとは思いませんでした。なんでも、等々力競技場の夏の名物らしいです。
それにしても、等々力競技場の盛り上がりは異常。私もYMCAやっちゃいましたよ。

さて、次はどの試合を観にいこうかな。(気付いたら最近、全然アルビ観にいけてない)



[関連記事]
J1リーグ 柏レイソル VS 浦和レッズ 観戦記
ワールドカップ 南アフリカ大会・アジア最終予選組み合わせ決定!
J1リーグ ジュビロ磐田 VS FC東京 観戦記
開幕前に今年のアルビレックス新潟を考える
第87回天皇杯決勝 サンフレッチェ広島VS鹿島アントラーズ 観戦記
アルビレックス新潟の応援歌が抗議される?
アルビレックス新潟の4日間戦争について
ACL決勝 浦和に捧げるお祝いの言葉 
続・ロッソ熊本の昇格に伴うスポンサー問題
ロッソ熊本の昇格に伴うスポンサー問題
ACL準決勝の結果から思ふこと 完結編
J1リーグ 第29節 川崎FVSアルビレックス新潟 観戦記 
ACL準決勝の結果から思ふこと
ACL準々決勝の結果から思ふこと
NHK英断!柏日立台でのG大阪戦を生中継決定!!
「川崎フロンターレスタメン入れ替え事件」   
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード