忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1] [2] [3] [4]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやー、おもしれぇーーーー!
あっ、ちなみに私、南米が先制してその後、ひきこもりになる展開、嫌いじゃないです。つか、過去、
トヨタカップ(クラブW杯)をずっと見続けてきて(昨年まで、毎年見に行ってました)、こういう展開が
いつものことだったりするんで、こういう試合で”見るべき場所”を学んできているんで、結構、
色々と勉強しながら、かつ1プレイが試合全体及ぼす影響などを考えながら見てたりしますw
まだまだ、ヌルイですけどね。

まぁ、とりあえず先に3位決定戦を触れておきますかな。
3位決定戦は、浦項VSアトランテになったわけですが、ぶっちゃけ浦項、3位の資格ないっしょ。
いや、3位決定戦のことではなく、VSエストゥディアンテス戦のことでFIFA公認大会の準決勝で
あのラフゲーム。はっきりって、低レベルっていうか、サッカー文化が低すぎてワロタ。サッカーの
ゲームとして成立してませんでしたからねw 3人退場つか、4人、いや5人退場されていても
おかしくないことばっかしてましたからね。アトランテのパスサッカーにチンチンにやられて
プッツンwwwwwきちゃって、ゲームクラッシャーと化しましたからね。アジア代表であんな
クラブが出てる時点でアジアの一員として恥ずかしいっすわ。
まっ、3位決定戦に関しては昨年同様、すこしアトランテ(メキシコのチーム)がモチベーション
の低い感じが・・・。浦項がうまく、パスサッカーを封じてたのもありますが・・・。
二年連続アジア代表3位は、喜べねぇっすわ。
PR
うーん、可もなく不可もなくって感じですねぇー。全体的には、エンターテイメント性に掛ける組み合せ
って感じが・・・。


さて、我が日本代表の対戦相手は、カメルーン・オランダ・デンマークとなりました。
まぁ、あちこちでニュースになっているとは思うんですが、一応、一覧を掲載。
グループA 南アフリカ・メキシコ・ウルグアイ・フランス
グループB アルゼンチン・ナイジェリア・韓国・ギリシャ
グループC イングランド・アメリカ・アルジェリア・スロベニア
グループD ドイツ・オーストラリア・セルビア・ガーナ
グループE オランダ・デンマーク・日本・カメルーン
グループF イタリア・パラグアイ・ニュージーランド・スロバキア
グループG ブラジル・北朝鮮・コートジボワール・ポルトガル
グループH スペイン・スイス・ホンジュラス・チリ

と、なったわけですが。ちょっと、各グループの感想と、日本のグループの期待と展望を
書いて見たい、と思います。
2009年5月30日(土) 秋葉原


現在、我らが日本代表は、南アフリカワールドカップ アジア最終予選に向けて、テストマッチである
キリンカップに参加中なんですが、試合前日となる5月30日に対戦相手である”赤い悪魔”こと、
ベルギー代表がアキバ観光をしているのに遭遇しました!

テストマッチだからって、試合前日ぐらい練習しろよっ!

基本的に日本サッカーは、欧州にしろ、南米にしろ、FIFAランク上位の国とマッチメイクすることは、
アジアの最果てということもあり移動時間・時差の問題で、かなり難しいとされています。
強豪国とマッチメイクできても、主要メンバーがなんだかんだ理由をつけて大量離脱していたり、
試合のできるモチベーション・フィジカルが出来てなかったりすることが多いです。

そして、試合前日には通常、マスコミ向けの前日練習などをして試合に向けて調整をするのが
普通なのですが、キリンカップで対戦するベルギー代表はアキバ観光を楽しんでいて、やる気
があるんだかないんだか・・・・。

090531-bergye-1.jpg







めちゃめちゃ、面白かった。本当に面白かった。
朝3時起きしたから仕事に影響するかなぁー、とおもったけど、終始、仕事が手に着きませんでした。
だって、会社で結構見た人が多くて休憩室に入り浸って、普段はサッカーのサの字もしらない
ミーハーなオヤジどもにサッカーの魅力を語ってやったりました。仕事の出来ない私が会社で
ヒーローになれる数少ないラッキーデーです。


普段は、サッカーに興味がなくたまたま代表戦見て調子に乗って批評する人間には、私のぬるい
ながらも知識でその批評をさらに批評してやります。(すいません、人間が小さいもんで)
しかし、そんな小さい人間も今日の試合に関していえば、ミーハーな人間と大差ないです。だって、
知識がどうのとかいう前にテレビの中で繰り広げられてるサッカーが私のしるサッカーでは、
理解が及ばないほど、凄すぎて・・・。

ついにチャンピオンズリーグ決勝が明日行われます。
今年のCL決勝は、サッカーファンなら一人残らず、期待していた最高の対決!
今やマネーゲームと化したサッカー界を象徴するプレミアリーグの覇者・”赤い悪魔”マンチェスター
ユナイテッド。
今季、世界で一番美しく強いサッカーを展開したリーガエスパニョーラの覇者・バルセロナ。
両チームともすでに今季のリーグ戦を制覇しており、また両チームともに現在、世界最高の選手と
呼ばれるスターを抱える実績・質ともにチャンピオンズリーグ決勝にふさわしいクラブです。

はっきりいって、この両チームの対決が決まってからdkwkが止まりません。ミーハーと思われる
かもしれませんが、どんなえらそうに知識を語ったところで、どんなにJリーグを馬鹿にするな!
っと叫んでも、この両チームの歴史・人気・実力、そのどれもが魅力溢れるファンタジーを醸しだし、
見る人すべてをサッカー好きの子供にしてしまう。
私の好きな言葉にこういう言葉があります。
サッカーは、子供を大人にし、大人を紳士にする。しかし、紳士を子供にしてしまう
まさにその言葉を具現化するような夢のような魅力溢れるクラブ同士の対決です。

もちろん、私は翌日の仕事そっちのけで、リアルタイムで見る予定です。つか、コノ試合
を見ないサッカーバカはいないだろ?
ウソだといってよ、バーニィーーーーーー!

クリスチャーノ・ロナウド、交通事故死!


あっ、ごめん、正確には交通事故オンリー
'`ィ'`ィ ┐(´Д`┌

心臓が止まるかと思った!!Yahoo!のトップニュースにいきなり、「C・ロナ事故 フェラーリ大破
って出たから「死んだのか?」と思ってしまいましたよ。
Yahoo!、思わせ記事タイトルヤメテクレ。マジでビックリして、エロゲの真っ最中に記事に気付いて
マジでマンションに響くような驚きの声を上げちまったじゃないか。

crash2.jpg





12月18日(木)TOYOTAクラブワールドカップ

ガンバ大阪 3 - 5 マンチェスター・ユナイテッド

はっきり言って、嬉しき泣き!!!
去年の浦和とACミランとの戦いを私は、世界の頂点は、果てしなく遠く、その高さを推し量る
ことができなかった。しかし、世界に近づくための一歩は、浦和が踏み出してくれた

と、このブログで語っていました。しかし、今日の試合でわずか5分。もしかすると、1瞬かもしれない
けど、マンチェスター・ユナイテッドを本気にさせられたのかも、と感じれました。
今回のガンバ大阪の戦い方に「世界の頂点は、果てしなく遠く、その高さは恐ろしく高く、たどり
着くことすら想像できない。でも、ほんの少し、雲の切れ間にほんの小さな光をガンバ大阪が
見せてくれた

本当に誇らしい気持ちです。おそらく、海外厨やにわか海外厨から観れば、一笑に伏せられてしまう
試合だったかもしれません。しかし、そんな一笑にすら堂々とガンバの戦いに賛辞を述べられるぐらい
に誇らしいです。

ガンバ大阪がマンチェスター・ユナイテッドとの対戦が決まり、クラブW杯景気に乗って”にわか”
サッカーファンになったつもりの職場のオヤジどもや、サッカーの知らないことをいい事に「だって
日本弱いんだろ、負けるよ」とサカオタを打ち負かして優越感に浸る知人が周囲で増えており、
実に不愉快な1週間を過ごしていました。
 

スペインの優勝で終わったEURO2008。その優勝セレモニーで少し感動するような出来事があり
ました。


このEURO2008で最も輝いていたDFと言っても過言ではないほど、サイドバックとしてロシア戦では、
ジルコフ・アルシャヒンを、ドイツ戦ではポドルスキー・シュバインシュタイガーら世界屈指のアタッカーを
強靭な肉体と巧みな守備戦術で完封したレアルマドリード所属のセルヒオ・ラモス。
そんな彼がEURO2008の優勝セレモニーという栄誉ある舞台でとあるメッセージが書かれたTシャツを
着ていました。

セルヒオ・ラモスは、セビージャの下部組織出身でセビージャの近年の躍進と共に大きく成長し、
多くのビッククラブからオファーが届くまでに成長したセルヒオ・ラモスは、守備陣に不安を抱え若く
強く、そして有能なCBを探していた゛白い巨人゛レアル・マドリードに移籍しました。
2008年6月30日(月) ウィーン スペイン 1-0 ドイツ


1ヶ月間、毎日が幸せでした。サッカーがある毎日、遠い欧州のオーストリア・スイスで行われた
EURO2008もFINALを残すのみとなりました。サッカーバカにとって、W杯やEURO2008など、
1ヶ月を通して行われる大会は、毎日が幸せを実感できる1ヶ月になります。
サッカーは、素晴らしい。テレビから映し出されるサッカーバカたちの祭典。多くのサポーターが
このお祭を心から楽しみ、自分達の国を応援し、騒ぎ、歌い、飲む。
本当に素晴らしいお祭がこの決勝戦を最後に終わってしまう。だからこそ、この決勝を心から
楽しみたい、と思って観てました。

決勝に残ったのは、ゲルマン魂を持つ力強く・粘り強い戦い方で奇跡を何度も起こして勝ち上
がって来たトルコ、世界最高の選手クリスチャーノ・ロナウドを擁するポルトガルを下した
ドイツ。華麗なパスサッカーと創造性溢れる中盤を擁し、知将ヒディングによる躍進してきた
ロシア、W杯王者にしてカテナチオを誇るイタリアを下した無敵艦隊・スペイン。

この素晴らしい1ヶ月の集大成がこの1試合に凝縮された決勝でした。
2008年6月14日(土) ベルン オランダ 4 - 1 フランス


かなり驚いています。オランダは、大舞台ではその攻撃と比例して不安定な戦いをするだろうと思って
いました。3トップでゴリゴリ攻めて守備のバランスを崩し失点。こんなイメージでしたが、今大会の
オランダ代表は少し違うのかもしれません。
日本代表を愛する私としては、すこし絶望しています。それは、世界のトップレベルの選手がチーム
全体でハードワークをしていると言うこと。オランダ代表のほとんどの選手が実践していた。日本代表
の目指すハードワークと連動がオランダ代表が見せたものと同じとは言いませんが、あれだけ質の
高いプレイができるトップチームがハードワークを厭わない。質がまだ高くない日本がハードワーク
をすることを目指しても・・・・やはり世界は遠いなぁ。でも、諦められないっすよね。

この試合、オランダがフランスをここまで圧倒するとは、誰も予想できなかったと思います。
2008年6月14日(土) チューリッヒ イタリア 1 - 1 ルーマニア


ありえない!人間じゃないよ、ブッフォン!!世界最高峰GKの名に恥じないGKですよ。ムトゥにすごい
ゴールは、止められなかったがパヌッチの愚かなファウル(危険を感じて、相手FWの体を離さないように
ってのは、わかるけどコース切っていたし、ブッフォンを信じるべき)で取られたPK。憶えている方も
いると思いますが、2002-2003チャンピオンズリーグ決勝のPKでありえない反応を見せたセーブ。そして
この試合でもありえないPKセーブ。GKの本能か、それとも意識的にか、それとも反応できていたのか
わかりませんが、ムトゥのキック(コースはかなり甘いけど、威力はあった)に対し、コースがすこしずれて
しまったものの右手でリフレクトしたものの威力あるボールの勢いはまだ、ゴールへ向かっている。
ありえないのがその後の”右足”。反応?本能?確実に掻き出すような足の動き。ありえない!!
EUROが開催されていますが、ルーマニア代表23名の紹介をしたいと思います。


イタリア・フランス・オランダと3強豪と同グループになってしまったルーマニア。しかし、ルーマニア
は過去に全員で髪型を同じものにしたり、多き大会で見せるチーム一丸となることが多く、十分に
ジャイアントキリングを起こす可能性があります。堅守速攻を強いられることになると思うが、守備
陣もキヴを中心に安定しており、前線にはセリエAで絶好調のエース・ムトゥがいる。予選グループ
を突破する可能性は、ある。

ではEURO2008に挑む、ルーマニア代表の23名を一言説明を付けて紹介します。


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード