忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1464] [1463] [1462] [1461] [1460] [1459] [1458] [1457] [1456] [1455] [1454]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年10月24日(土) 東京国際フォーラム


ガンダム生誕30周年を祝う今年最後の一大音楽イベント「Soul G ~すべての戦士に捧げる
音楽祭~
」に行ってきました!
今年、ガンダム生誕30周年を迎え、1年を通して様々なオフィシャルイベントが開催されましたが、
それもこの「Soul G ~すべての戦士に捧げる音楽祭~」で最後。ガンダムオタクとして、
ガンダムというアニメと共に人生を歩んできた一人のオタクとして、この音楽イベントに参加できて
マジメに幸せモンです。
やっぱり、過去のシリーズのガンダムソングを映像と一緒に見て、聴くとやっぱり感慨深く
それぞれのシリーズで感じた当時の熱い想いなどを思い出せて、あらためてガンダムって作品が
すごいってこと、そしてなにより自分がこの作品と一緒に齢を重ねてきたんだなって実感が
沸いてきて、なんか悦に浸ってしまいました。

ということで、簡単にではありますが記憶が風化する前に「Soul G ~すべての戦士に捧げる
音楽祭~
」のレポートを書きたい、と思います。

091024-g-soul-1.jpg









Soul G ~すべての戦士に捧げる音楽祭~」は、14時からの部と19時からの部の2回開催
され、私が参加したのは19時からの部で、開催されたのはライブ会場としては少し敷居の高い、
有楽町にある東京国際フォーラム。
私が現地に着いたのは、17時45分頃で開場15分前頃。天気予報では、前々日あたりまで
晴れだったのですが、この日の天気はあいにくの雨。しかし、18時の時点で東京国際フォーラム
・ホールA入口前にはかなりの長蛇の列が出来ていました。
1週間前に開催されたマクロスFrotierのライブ「マクロスクロスオーバーライブ」と比べると、人数
的にはどっこいどっこい(もちろん収容人数の差があるので比較はできませんが)で、盛り上がり
的には今回の「Soul G」の方がおとなしめ。というよりも、会場に期待していたコスプレ姿の方が
見受けられず、またライブ前の荒ぶる魂を表現するような方は現れませんでした。
まぁ、マクロス作品と違って、ガンダムはシリーズ数が多く、ファンも細分化されてるうえに、言い方
が悪いかもしれませんが、ブームのような一過性の勢いに乗ったファンではなく、重厚かつ年輪を
重ねて、熟成されたファンが多いため勢いに任せられる若さがないファンが多いため、盛り上がり
と言う面ではマクロスのライブには敵わないのかなぁー、と思ってます。


さて、18時半ごろ、10年来のガンダムオタクの友人と共に会場入りし、1階の13列目の席に着席。
やはり、国際フォーラムはなんというか雰囲気が違いますね。ライブ会場と言うより、コンサート
会場とか劇場って感じがします。
開演時間が19時となっているため、30分ぐらい友人とガンダムソングについて語り合って時間を
潰す。
そして、19時。会場が暗転し、スクリーンに第1部(サブタイトル、忘れてしまいました)の文字が
映し出され、古谷徹さんがスポットライト共に登場!
古谷さんは、小説版機動戦士ガンダムのララァとの戦いの一小節を朗読し始める。古谷さんの
朗読が終わるとともについにライブがスタート!


最初は、鮎川麻弥さんが歌う機動戦士Zガンダムの前期オープニング「Z・刻をこえて」。

この曲は、私がガンダム入門した始めての曲なので、軽く感動してくちづさんじゃいました。
ここで思ったのですが、やっぱり会場の盛り上がり方がマクロスとぜんぜん違う。マクロスは、
オタ芸というか、ライブ馴れした人たちの振り付けで飛び跳ねたり、サイリウムが揺れていたり
一体感のあるライブだったのですが、今回の「Soul G」は、”聴き入る”。もちろん、手拍子したり
リズムを刻んだりするんですけど、少しおとなしめ。
おそらく、様々なアーティストがいて、様々なジャンルの曲、さまざまな年代のガンダムソング
があるのでその曲、その曲でノれるノれない人がいたと思います。つうか、長い歴史があるから
こそのファン層の違いが影響していたのかも。


鮎川さんの次に登場したのは、我らが歌姫・ピロコ!森口博子!!
水の星へ愛をこめて

やっぱ、ピロコ、年齢を重ねるにつれて歌がうまくなってます。本人も語っていましたがデビュー
曲ということもあり、本当に大事に歌っているんだってわかるぐらい魂を込めて歌ってくれました
普通に聴き入ってしまいます。
つか、ピロコ衣装、がんばりすぎ!
背中がぱっくりと開いて、胸の谷間もぱっくり開いた衣装で、ちょっとがんばりすぎ!ピロコ、
普通にストライク(恋愛対象)だぜ!


第1部の最後に登場したのが、機動戦士ガンダムZZの前期オープニング「アニメじゃない」を
歌う新井正人さん。

いやぁ、やっぱり「アニメじゃない!」ってところで、会場が一体になって叫ぶところは感動です。
酷評されまくっているZZですけど、いろんな意味で話題曲ですよね。

第1部終了とともに、司会の方と共にステージに現れたのがガンダム芸人・土田晃之さん。
土田総帥は、敬礼と共にステージに現れ、登場と共に会場に向けて「ジーク」と呼びかけ
会場はもちろん、「ジオン!」と叫ぶ!!
昼の部より夜の部は、かなりニュータイプが集ったみたいなんで、こちらもコーディ
ネータとしてがんばらないと!

コーディネーターかよっ!
土田総帥、午前の部ではお子さん達(カツ・レツ・キッカw)と共に参加されていたみたいで、
ガンダムエリートとしてかなり盛り上がっていたみたいです(特にアニメじゃない、で)
その後、古谷さんも登場しトークへ。

トーク後、第二部として平成ガンダムソングへ。

第二部は、川添智久さんが機動戦士Vガンダムの前期オープニング「STAND UP TO THE
VICTORY
」、鵜島仁文さんが機動武闘伝Gガンダムの前期オープニング「FLYING IN THE SKY」、
麻倉あきらさんが機動新世紀ガンダムXの前期オープニング「DREAMS」を披露。

川添さんは、すこし声が変ってしまってましたが、やっぱり私にとってVは本当にどストライクな
作品なので、この曲は本当に悦に入りました。やっぱVはいいですね。
また、Gガンはまさにアニソン!どストレートなアニソンなので、会場のあちこちで飛び跳ねる人が
いっぱいいらっしゃいました。特にシャイニングフィンガーのとこなんかw
そして、DREAMS。麻倉あきらさん、誰?と思ったんですがROMANTIC MODE、解散されてソロ
で活動されていたんですね。(土田総帥いわく、朝倉さんはエロイ女、とのこと。なんとなくわかる)

そして、ここでサプライズ。川添さん、鵜島さん、麻倉さんがコラボして新機動戦記ガンダムWの
前期OP「JUST COMMUNICTIAN」をカバー!!(まぁ、TWO-MIX、活動再開しないですしね)
会場、どよめきと歓声が包み込む!!!

そのあと、土田総帥と三人とのトークを挟み、OVAシリーズ編に突入!!

MIQさんが歌う機動戦士ガンダム0083の後期オープニング「MEN OF DESTINY」、米倉千尋
さんが歌う機動戦士ガンダム第08MS小隊の主題歌「嵐の中で輝いて」が披露されました。

いや、0083はやっぱメンデスですよねぇー。超燃えるッス。もう、これから戦う気マンマンだゼッ
って曲ですし、あのOP映像と共に聴くと・・・・・やってやんよー、連邦のクソどもがぁーって
気持ちになります(;^ω^)アセアセ
そして、08.私、嵐の中で輝いてより「未来の二人に」を歌って欲しかったッス。

お二人の曲が終わると第3部に入り、再び古谷徹さんの小説版∀ガンダムの一小節の朗読。
朗読が終わると静に始まりだす∀ガンダムの後期EDテーマ「月の繭」。

∀ガンダム、かなり批判されることが多いですけど、アニメとして結構面白いと思うのですが、
この月の繭という曲はかなりの名曲です。なにより、歌われている奥井亜紀さんがめちゃめちゃ
上手い!おそらく、ガンダムシンガーの中でも1・2を争うぐらい綺麗な声で聴いていてしっとり
とする曲です。

奥井亜紀さんのあとは、満を持しての再登場!ピロコ!
もちろん曲は、機動戦士ガンダムF91のテーマ曲「ETERNAL WIND

もう、肌で感じるほどの会場の期待感。曲の始まりに会場から漏れる期待感は、本当にしゃれに
なりませんでした。
以前、ニコニコ動画でピロコの動画が話題になった際に言われていたコメントなんですが
紅白に出た時より鳥肌が立つぐらい上手くなってる」ってコメントがあったんですが実感です。
もう、サブイボ立ちました!!この場で、この曲を聴けたことに普通に感動です。
つか、なにげにピロコ衣装チェンジしてるし・・・w

歌い終わったあと、トークでピロコが感想を言おうとしたら会場から「ピロコ、愛してる!」が聞こえ、
それを聴いたピロコは間髪いれず、「もーう、ほんとにわかってるぅ!」と返答。さすが、バラドル!
心得てますね!

第三部の最後にTMNetworkの宇都宮隆さんからビデオメッセージが流される。
(さすがにTMNは、来なかったな。つか、小室、罪滅ぼししたいならこういうとこに出てきて地道に活動
していけよ!だから、ダメなんだよ!小室)

BEYOND THE TIMEが流れ終わった後、会場のスクリーンに映し出されたのは
機動戦士ガンダムUC
キタ――(゚∀゚)――!!キタ――(゚∀゚)――!!キタ――(゚∀゚)――!!キタ――(゚∀゚)――!!
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
1分ぐらいのPVが流されたんですが、BGMに歌が!!!誰だ?歌ってるのは誰だ?主題歌か?
女性の声・・・・誰なんだぁーーーーー!


そして、遂に第四部。
古谷さんの小説機動戦士ガンダムSEED DESTINYの一小節の朗読。
第四部は、高橋 瞳さんが歌う機動戦士ガンダムSEED DESTINYの「僕たちの行方」、
石川智晶さんが歌う機動戦士ガンダム00のEDテーマ「PROTO TYPE」。

高橋瞳さん、SEED DESTINYのとき、まだ高校生ぐらいだったと思うんですけど、大人になり
ましたねー、つかエロくなりましたw
そして、石川さん。知らなかったんですけど、元See-Sawの方だったんですね!知らなかった。
まぁ、ヌルインで許してください。

元See-Sawだからこそ、次の曲が「あんなに一緒だったのに」が披露されました!

そして、これでアーティストによる全楽曲が終了。
ステージには、古谷さんがガンダムの歴史に思いを馳せ、これからも愛していただきたいと言う
メッセージが伝えられました。
古谷さんがステージから消え、スペシャルゲストとして登場したのがガンダムの生みの親、
富野御大!!
富野御大の最後のメッセージに少し感動しました。
30年の時間は、生身の人間にとって生半可な時間ではありません。ガンダムを支えて
くれたリアルな人たちも色々ありました。現在ただ今生きているってことは、明日もある
ということです。
30周年ということで封じ込めないために、ALWAYS BEGINNINGをテーマにしました!
みなさんの命がある限りガンダムを支えてくださいとは言いません。皆さんを支える為に
これからもがんばっていきたい、と思います。


富野節を久しぶりに生で聞きました。少し回りくどい、難しい言い回しな富野節。心に響きました。
ALWAYS BEGINNING、30周年を迎えて再びスターと地点に立つ。

最後に全アーティストと富野御大、古谷さん、土田総帥、そして会場全員で「翔べ!ガンダム」を
熱唱!
今、聴いても「翔べ!ガンダム」は、ちゃちい曲です。ただ、30年と言う年月とそれを共に過ごした
ガンダムファンの想いが集って、すごい熱を持った曲になっていました。


30周年イベントがすべて、終わってしまいました。
少し寂しい気持ちではありますが、まだまだ40年・50年と続くことは間違いないと思っていますし、
ガンダムの終焉を私の人生で見ることは、おそらくないのではとも思ってます。
そんなすごい作品の流れの中に自分が入れることがものすごく幸せです。
本当にこのイベントに参加できてよかったです。

ただ、ワガママを言わせてもらえれば、ガンダムファンにアンケートを取ったガンダムソングで
ライブをして欲しいなぁー。
私的には、「シャアがくる」、「哀 戦士」、「めぐりあい」、「一千万年銀河」、「いつか空に届いて」、
「いくつもの愛をかさねて」、「Trust You Forever」、「Resolution」を聴きたい。


ま、本当に大満足です。





[関連記事]
ぬるガノタが行く -GUNDAM BIG EXPO-
ぬるガノタがいく -ガンダムEXPO東京2008-
ぬるガノタがいく -ガンダムEXPO 東京2007 前編-
ぬるガノタがいく -ガンダムEXPO 東京2007 後編-
ぬるガノタがいく -ガンダムEXPO 東京2007 機動戦士ガンダム00編-
ぬるガノタが行く -GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト 燃え上がれ!Gソンナイト-
ぬるガノタが泣く -ガンダム BIG EXPOの徹夜組は、ガンダム新世代ファン-
ぬるガノタが驚く -ガンダムBIG EXPOのチケ高騰?なっ、なぜ?-
ぬるガノタがっかり -機動戦士ガンダムUC 放送媒体・声優陣決定-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース10月号-
ぬるガノタが当たる -Soul G~すべての戦士に捧げる音楽祭~-

PR

コメント
無題
お、ごっづさんも後半でしたか。
こちらは、16:10くらいに現地について、国際フォーラムAホールってどこに列作るんかなぁと
うろうろしてたら、ちょうど物販と入場の列作り始めたとこだったんで、
2時間列待機覚悟で、物販にならんで、
無事に、現地限定のシャツ、マフラータオル、ポストカードとついでに、
先行の帽子確保しますた。

中身の感想は、あまり知らなかったんですが、鵜島さんがいい味だしてるなぁと。
あと、いきなりZからだったんで、最後の最後に
初代なんだろなぁと思ったとおりでしたー。

あと個人的には、退場時に鳴っていましたが、
哀戦士がコーラスで聞きたかったかなぁ・・。

とにかく、値段もけっこうしましたが、
会場もでかく、2時間半のうち2時間近く立ってたんじゃないかと思うけど、
中にいると早かったって感じで、
次の40周年に期待してしまうっす。

あと、米倉さんの歌を聞いて、10YearsAfterも
ガンダム歌ってましたねーって
20周年のパシフィコで聴いた人間は思っただすw
【2009/10/25 03:06】 NAME[はらきり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
はらきりさん、乙ッス
10YEARS AFTER、歌ってくれても良かったですよね米倉さん。
物販、会場限定全滅してたんで、なんも買ってないですよ。
パシフィコのDVD、でねぇーかなぁー。懐かしいなぁ
【2009/10/26 23:42】
乙です。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
私は昼の部に参加しました。

物販の列に並びましたが弾数少ないようで早々にピンズ以外のSoul Gグッズは無くなったのが残念でした。丁度買おうとしていた古谷さんの本のサイン本が出てたのでげっとw

久々に懐かしい曲をしかも生歌で聞けてよかったです。森口博子のETERNAL WINDでは感動で涙流してしまいました。
逆シャアのBEYOND THE TIMEも聴きたかったなぁ~。

最後の古谷さんの言葉、富野御大のメッセージにもジーンと来てしまいました。

会場はさすがに音が良かったですね。
場所柄、立つ場面は少なかったですが皆の熱さが伝わってきました。ガンダムファンの層の厚さにも脱帽です。

今後のレポート楽しみにしてます。

追伸:後半、土田さんはきちんと台本読んでましたでしょうか?(^_^;)
【2009/10/27 22:47】 NAME[くま] WEBLINK[] EDIT[]
Re:乙です。
くまさん、乙ッス
古谷さんのサイン本?なっ、なんだってぇーー。俺も欲しい!
ピロコは、本当にヤヴァかったですよね。もう1度聴きたいッス
とりあえず、11月以降、なんにもイベント予定ないんで、なんか
あったら教えてください。おもしろそーなのあったら行きたいッス

ツッチー、ノープランじゃないですかね。午前と午後、比べて
見ないとわからないですけど
【2009/10/28 00:11】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード