忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年5月25日(水) 長居スタジアム 日本 4-0 チリ

ワールドカップ南アフリカ大会まで、あと1歩。
その一歩を踏む締める為に迎えるウズベキスタン戦を前の準備の為に対戦することになった
南米の雄・チリ代表。
チリ代表と言えば、つい最近まで現役だった(まだ現役かな?)マルセロ・サラスとイバン・
サモラーノですが、近年のチリは多くのタレントを欧州に輩出しており、有名どころでいえば
ダビド・ピサロやマルク・ゴンザレス、ルイス・ヒメネス、WCCF的にはクラウディオ・
マルドナードにアレクシス・サンチェスですね。私的には今回のチリ代表来日に大きな注目を
していた選手が二人。DFのアルベルト・ビダルとチリ代表のエース・ウンベルト・スアソ。
スアソは来日するだろう?と思っていたのですが、いつの間にチリ国内からメキシコのクラブ
に移籍していたみたいで、やっぱり来日せず・・・・。私の知ってる選手は、ゴンサロ・ハラ
ぐらい。(前のキリンカップで名前が珍しかったから覚えた)スアソ見たかったなぁー。

と、チリ代表に個人的に見たい選手はいなかったものの、チリ代表は親善試合でも手を抜かない
以前、対戦したときも親善試合とは思えないほど、中盤から激しく厳しいプレスで日本にまとも
にサッカーをさせていませんでした。今回もタレントはいなくても、かなりの好試合、という
よりもチリ代表が真剣にプレスを掛けてくるために、日本らしいサッカーが出来ず、いつもどおり
”課題が浮き彫り”になってスコアレスドローかなぁ?と思っていたのですが・・・・。

ということで、熱く・ウザク・真剣にチリ戦の感想を書きます。
 

PR
川崎フロンターレのノリの良さに本当に感心させられます。


5月24日に東京の飛田給にある味の素スタジアムでFC東京との”多摩川クラシコ”を控える川崎市
をホームタウンにする地域密着型クラブ・川崎フロンターレ。そんな川崎フロターレがアウェイである
味の素スタジアムに乗り込むサポーターに驚愕するような応援ツアーを企画したそうです。

多摩川クラシコとは、多摩川を挟んで点在する両チーム、旧JFL時代から薄くない因縁もあり、また
首都・東京なのになかなかダービーマッチ(緑のチームがねっ)が開催できないこともあり、関東近郊
で熱いダービーマッチが必要!ということで、両クラブ公認でお互いのクラブを挑発的なポスター
などを掲載し、ライバル関係を濃くしたダービーマッチとなっている。
ちなみに、欧州各国リーグには熱い首都ダービーは当たり前のように存在する。

そんな多摩川クラシコをアウェー・飛田給にある味の素スタジアムで迎える川崎フロンターレが
因縁の敵地に乗り込む為にサポーターの魂を長時間熟成させる為に川崎から飛田給まで40~60分
で到着するところ、なぜか?1泊2日も掛けて向かうという応援ツアーを企画した!

090428-frontier-1.jpg







私は、サカオタとして、またプロスポーツ不毛の地と呼ばれた新潟でサッカー愛を育んできた人間
として、ある人物の私達Jリーグを愛してる人間を無視した発言に怒りを覚えています。


その人物がJ2東京Vの萩原敏雄前社長
今季、J2に戦いの舞台を移した古き名門・東京ヴェルディ。ベテラン選手の解雇、主力の流出、
経営陣の無能っぷりを遺憾無く発揮し、名門は泥沼に沈み始めています。
そんな無能な経営陣のひとりである萩原前社長の口から”地域密着”というJリーグの基本方針を
否定するコメントが出た。

私は、アルビレックス新潟、アルビレオ新潟ができる前から、新潟にサッカーと言う文化がなかった
頃から新潟で一人、サッカーの面白さを訴えてきた人間です。
俺はJリーグの基本理念である”地域密着”によって、新潟にサッカー文化が根付き始めてくれた
ことに心底、言葉で現せないぐらいの幸せを感じています。
新潟にサッカー文化がなかった頃は、今だから思えるけど「Jリーグは、海外サッカーより面白く
ない」と言う考えを持つ海外厨に対し、はっきりと対抗できる確信の言葉がありませんでした。
2009年3月28日(土) 埼玉スタジアム 日本 1-0 バーレーン


清濁を飲み込んだうえで、本当に情けない勝利です。
ホームでこれだけのサポーターが集まってくれた中、日本代表が魅せた”サッカー”は、本当に
情けないぐらいのサッカーだった。
ただし、これがアジア最終予選です。どんなに情けなかろうが、どんなにみすぼらしい試合だろう
が、この勝ち点3にはとても大きな、本当に大きな意味がある。アジア予選が半分を過ぎ、ここから
勝ち点3の意味はとてつもなく、なにより本当に重い勝ち点3です。
おそらく、内容について今回の試合を酷評する人もいるでしょう。私自身も普通の試合であれば、
厳しい評価を下す、と思います。しかし、この勝ち点3の意味を考えれば、勝ち点を得た結果
だけで大いに評価をするべきである、と思ってます。
これからアジア最終予選において、勝ち点3を奪うことは”相手国のサッカーの未来を奪う”こと、
相手国に住む”サッカーを愛する人々から夢を奪う”ことであることを我々サポーターも理解した
上でこの試合を望まないといけない、と思ってます。
残念ですが、先日、大いに日本を盛りあがらせてくれたWBCにこれだけの大きな”価値”、折れては
いけない”プライド”を、””を託すだけの戦いではなかった!
だからこそ、内容がともなわない試合であろうと誇りを持って、我らの日本代表を応援し、この試合を
語りたいです。

その上で、発言をする!
あの韓国人審判に人々の夢をかけた試合を審判するだけの資格はない!
むふ、おひょ、うへほは、もへへへへへへ!
知ってるかい?J1第3節時点で首位を走ってるチームを!!調子にノるさー!そりゃあ!
あの世界3位のG大阪を差し置いて、しかも2年連続J1制覇した鹿島アントラーズを撃破して、
首位を走っているチーム、まさに春の珍事(サポが言ってんだからしょうがない)!!現在、J2で
奮闘しているアノ桜色のチームがJ1のいた頃のような開幕ダッシュ!!
そんな、待ちに待った開幕で盛り上がっているJリーグを象徴となっているのが我が愛するマイクラブ
アルビレックス新潟!
いやー、スパサカ観てwktkして、日曜日の試合結果をスコアをガン見して、やべっちFCの順位表を
みて、恵比寿さまのような笑顔でほくそえ!超しあわせー
しかも、今週末は代表戦だから当分は、首位に居座れる!うひゃほー!

しかし、今季のアルビがこんなにすごい開幕ダッシュを見せるとは!しかも、今週末に行われる
日本サッカーの未来を賭けた重要な試合・ワールドカップ最終予選バーレン戦に超ひさしぶりに
我らの貴章が代表復帰!
2009年3月7日(土) 味の素スタジアム FC東京 1 - 4 アルビレックス新潟


アルビレックス新潟、完勝!

いや、今年のアルビレックスは、一味違いますよ。開幕戦だけでも、過去最高にワクワクするような
試合をしてくれました。マジで予想外の快勝。もしかすると、今季、台風の目になっちゃう予感。

開幕前は、FW陣の積極的な補強に対し、他のポジションへの補強が少なかったことに不安に感じて
いましたが、新加入のFW陣がその不安を払拭させる活躍。そして、ペドロ・ジュニオールや大島と
いったFWに比べ期待薄だった若手ブラジル人サイドバックの予想外の活躍&失態も含め、本当に
今シーズンに向けて有意義な、かつ大きな希望を見せてくれた開幕戦となりました。

では、FC東京VSアルビレックス新潟の観戦記を掲載します。

090307-soccer-1.jpg







今季の開幕戦は、超忙しいぜ!


2年ぶりに1日2試合観戦予定だぜ!
土曜日は、13時から我がアルビレックス新潟の開幕戦をFC東京の味の素スタジアムへ、そして、
天体戦士サンレッドのヴァンプ将軍(髭男爵)目当てで川崎フロンターレVS柏レイソルを見に行きます。
試合の間は、わずか1時間。電車で移動時間は45分。かなり厳しい!!でも、アルビは絶対見たい
し、天体戦士サンレッドも見たい!ってことで”タクシー”使ってでも間に合わせて見せるぜ!

つうことで2009年J1リーグの各チームの戦力評価と優勝&降格予想を勝手にぬるーくやりたい
と思います。
ま、勝手にのたまってるだけなんで、気にしないでください。
2008年2月11日(水) 日産スタジアム  日本 2-1 オーストラリア


この試合、最終予選に限って話せば、勝ち点1は十分であり、まだまだこれからも苦しい戦いが
続くことが決まってしまった、と言うわけで悲観する結果ではない。
ただし、日本のサッカーと言う意味では、岡田サッカーの限界が見えたのでは?と思っています。
機能したといわれるプレスも機動力と運動量で試合に挑んだ戦いも決して悪い方向ではないのは、
わかる。一番の問題は、岡田監督自身ではないのか?
なぜ、交代枠1人を残すのか?ホームで戦っているのに危機感のないロスタイムを向かえ、大久保
の投入は理解できるが、岡崎と田中達の交代、同タイプの選手を入れて、閉塞した試合を動かす
ことができるのか?停滞しているバイタルエリアにメスを入れない采配。

またも岡田采配に、疑問どころか低レベルな規定路線な交代策しか持ち合わせていないことを
再確認。
試合前日までゲームに入る選手たちのモチベーションをあげる、また選手たち目的意識の植え
付け、自分のサッカーに対する人選に関しては、かなり評価できると思います。
ただ、一番大事な試合での采配能力が伴っていなければ、監督としての評価はできないのでは?
と思っています。

とりあえず、状況的に監督交代を求める時ではないのかもしれませんが、このままではドイツの
二の舞になるのでは?と不安になってしまいます。
2008年1月20日(火) 熊本・KKスタジアム  日本 2-1 イエメン


さて、この試合をどう、評価していいものか・・・・・。とりあえず、好評価なんてとてもできません。
短いオフが終わり、体作りが万全ではなく、スタメンはほぼB代表、色々とこの試合を弁護する要因
がいくつか考えられますが、イエメンという格下国、イエメンはガルフカップを戦い疲労困憊、監督
交代して間もない、ホーム試合など、とても日本にとって有利な試合だったのは明白。

スタメンは、岡崎・田中達・香川・興梠・憲剛・青木・内田・駒吉・寺田・高木・川島。
一番の注目は、やはり川島の先発。日本サッカーの躍進の時代は、川口・楢崎の二強GKの
切磋琢磨の時代でした。GKとしてベテランの域に達した二人。二人のGKとして経験が絶大であれば
あるほど、後進への不安が募っていました。南アフリカまでこの二人に頼っていくのか?それとも、
才能溢れるGKたちにチャンスを与えるのか?そんな中、久しぶりの代表の舞台に立った川島に
大きな注目をしていました。

正直、この試合、チームとしてまったく機能していないうえに代表経験の少ない選手がベテランの
足をひっぱてる、風に見えました。
いやー、今日は日本人フォワードが活躍した珍しい日ですよー。

何より驚いたのが大久保嘉人こと、よっくん!!
ブンデスリーガのヴォルフスブルクに移籍して、初の試合で初ゴール!!しかも、後半に交代して
すぐのゴールだったみたいですよー。
リーガエスパニョーラのマジョルカに移籍した時も初試合で初ゴールを決めてるよっくん。記憶が
確かだったらデポルティボが相手であのフィジカルモンスター・ジョルジュ・アンドラーデが相手
だったような気がするんだけど・・・。
やっぱ、大久保ってストライカーとして運かなんか持ってますねー。

なんでも、長谷部は前半だけで交代したらしく、長谷部のフォローを得ることなく独力でゴールを
奪ったみたいですねー。まぁ、ゴールシーン、まだ観てないですけどドイツで活躍して欲しいよ。
がんばれ、よっくん。あと、高原・稲本の関係みたいに大久保が移籍してきたからって長谷部が
おん出されないように長谷部もがんばって!!

そして、日本ではやっぱり、大迫勇也。
来季よりJ1リーグに参入してくる最北のJ1クラブとなるモンテディオ山形で、ちょっと面白いことが
起きているみたいです。


現在、山形では県知事選が繰り広げられており、2人の立候補者・現職の斎藤弘氏と新人の吉村
美栄子氏がモンテディオ山形のサポータの票を狙って、熱いアピール合戦をしているみたい。

今季、J2リーグを2位で終了し、めでたくJ1に昇格し、来季は我らがアルビと対戦することになる
モンテディオ山形ですが、昇格したとはいえどうも前途多難のようで、新規昇格クラブが必ず受ける
昇格景気に沸いているものの、入場観客数に反映できないのでは?という不安が見え隠れして
いるみたい。今季、昇格レースで熱い試合をしたにもかかわらず、ホーム入場者数に反映があまり
なく、来季に向けてどのように入場者数を増やすか?また、山形県民にサッカーを理解してもらう
か?と言う課題があるみたい。

そんな、モンテディオ山形のサポーターたちの持つ投票権をめぐって熱い戦いが繰り広げられて
いるみたい。

081217-monte-1.jpg






北京五輪の失望から立ち直った者、立ち直れない者、そしてなにも変わらない者。あの失望から
何かを学び、何が世界で通用しなかったのか?何が通用したのかを学んだ者、舞台に立てずに
さらに上の舞台を目指す者。

あの失望が日本代表にとって、日本サッカーにとって大いなる財産になることを切に願う一人として
北京世代(五輪に出場しなかった者も含め)が大きく成長する姿をみたい、と思うのがサポーターの
プライドみたいなもんだと思うんですが・・・。そんな中、オランダの二部リーグで奮闘する本田圭佑
のうれしいニュースが飛んできました。

オランダの二部リーグということで、日本では情報を得ること事態難しく、テレビでは取上げてくれま
せん(情熱大陸とかなら取上げてくれるかも)。小さなニュースですが、本田に関するニュースを
見つけました。「本田が冬の移籍市場の「目玉」に


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード