忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1] [2] [3] [4]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すでにEURO2008が始まってしまいましたが、ポーランド代表の23名を紹介したい、と思います。


”騎兵隊”と称されるポーランド代表。スター選手が不在で、FWの人材難も深刻なポーランド代表。
ファウルを厭わない激しい守備で堅守を誇るものの、得点を期待できる選手が不在。中盤には、
クシヌベクやスモラレクといった欧州で活躍選手がいるものの迫力不足。ポーランド史上初の外国人
監督であるベーンハッカーも組み合わせを駆使して、親善試合で試すも大会前になっても結果は
出ていない。
ドイツ・オーストリア・クロアチアとドイツが大きく実力が抜け出し、その後をクロアチアが追うグループ
となっているが、クロアチアとの戦いを引き分けでも得失点差が期待できない以上、やはりドイツ・
クロアチアどちらかに勝利をする必要がある。

では、EURO2008に挑むポーランド代表を一言選手説明を加えてご紹介します。
PR
EURO開催中ですが、EUOR2008に挑む名将ヒディング率いるロシア代表をご紹介します。


とにもかくにもロシア代表の武器は、ヒディングの采配。各国を渡り歩き、その采配に磨きをかけ、
存在だけで相手チームが警戒してしまうほどの知将。ロシア代表を支えていたW杯や前大会を
知る選手達は、シチェフ・セムショフだけ。ほとんどの選手が大きな大会を経験しておらず、
大舞台で結果をだせるかは、不明。しかし、ヒディングの存在がダークホースと目される。
スペイン・スウェーデン・ギリシャと同グループとなったものの、ひとつ頭抜け出しているように
見えるスペインもチームのまとまり次第では、横一線に見える。ヒディングの采配が当たれば、
十分にトップでの突破も可能。

では、EURO2008に挑むロシア代表の23名を一言選手説明と共にご紹介します。
EUROが開催されていますが、スペイン代表23名の紹介をしたいと思います。


スペインのシンボルであるラウル・ゴンザレスがEUROに挑む代表に落選した”無敵艦隊”スペイン代表。
スペインといえば、3トップで両翼ウィングが代表的だったが今大会は、「クアトロ・フゴネス(4人のファンタ
ジスタ)」と呼ばれるCMFタイプの選手で構成される中盤が特徴。生粋のウィンガーは、ほとんど召集され
ておらず、創造性溢れる中盤とフェルナンド・トーレスをはじめとした好調なFW陣でEURO制覇に挑む。
圧倒的なタレントを誇り、優勝候補と目されながらも多くの人に期待はされていないスペイン代表。その
原因は、民族問題。カタルーニャ・バスクをはじめとした多くの民族で構成されているスペインが様々な
暗い歴史が影響し、一つになりきれないの原因と見られている。
しかし、圧倒的なタレントで大会を制覇する可能性もある。代表のシンボルであるラウル不在が悪い方向
に影響しなければ、いいのだが・・・。

では、EURO2008に挑む、スペイン代表23名を一言紹介をつけてご紹介させていただきます。

オランダトリオ(ファン・バステン、フリット、ライカールト)以来のEURO制覇となるか?オレンジ軍団こと
オランダ代表の23名が発表されました。


英雄・マルコ・ファンバステン監督が指揮を執るオレンジ軍団。オランダの伝統である3トップには、タレ
ントが揃っており、中盤にも才能溢れる若手と有能なハードワーカーが揃っている。しかし、大会前の
親善試合のいくつかで露呈している守備の不安定さが課題。しかし、ゴールマウスを守るファンデル
サールが守備陣に安定感を与えられれば、攻守に安定する可能性もある。
フランス・イタリア・ルーマニアと死のグループに入り、かなり厳しい戦いが予想される。グループ内で
攻撃力は、フランスと並ぶものの守備力はグループ下位と予想されている。イタリア戦で勝ち点を
奪うことができれば、十分突破の可能性もある。

ということで、EURO2008に挑むオランダ代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。

ジダンが引退して初めてのEUROに挑む、”レ・ブルー”ことフランス代表の23名が発表されました。


アンリの不調・ビエイラの怪我・DF陣の高齢化など、不安要素には事欠かない。しかし、若い才能が
FW・MF・DFと揃っており、精神的な面を除けば十分、穴を埋められる。
アンリのラストダンスをチームが一丸になって、優勝で飾れるか?ジダンというカリスマのいなくなった
フランスがどこまでいけるのか?
イタリア・オランダ・ルーマニアと強豪国ぞろいのグループに入り、最初からエンジン全開で大会に
挑まなければならない。また、因縁のあるイタリアにかまけてファウルトラブルなどで中心選手がいなく
なることだけは避けなければならない。

ということで、EURO2008に挑むフランス代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。

発表されて、少し日にちが経ってしまいましたが、EURO2008に望むトルコ代表の23名が
発表されました。


日韓大会で結果を残したメンバー、エムレ・ニハトらが中心となり攻守で有能な選手が揃い、トルコの
名将ファティフ・テリムが熱き魂を注入する。ただし、前掛りになると守備の歯車を直すことができず、
カウンターで進展する課題を最後まで修正できずに大会に挑むようです。
ポルトガル・チェコ・スイスと予選グループ突破には、かなり難敵が多いがスイス戦で勝ち点3を奪え
れば、チェコ・ポルトガルから勝ち点1でも奪えれば十分、その攻撃力でグループ突破も考えられる。
欧州で”トルコもヨーロッパの国”であることをサッカーで、再び証明する為にチームがひとつになる。

ということで、EURO2008に挑むトルコ代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
発表されて、少し日にちが経ってしまいましたが、EURO2008に望むオーストリア代表の23名が
発表されました。


Jリーグファンの誰もが驚いたオーストリア代表メンバー発表、名古屋グランパスに所属していたイケメン・
ストライカー”イビカ・ヴァスティッチ”のリスト入り。いや、正直、現役だったこと自体が驚きです。しかも、
最終選考まで千葉に所属していたマリオ・ハースが残っていたことも驚きです。
EURO2008では、ドイツ・クロアチア・ポーランドと同組になるものの、戦力的にグループで最も厳しい
チーム。ハースやヴァスティッチが代表に名を連ねている原因となっているストライカー不足が不安。
リンツ・ハルニクと軸になるFWはいるものの、結果が出ていない。親善試合20試合でわずか4勝しか
できず、チームとして成果が出ていない。
正直、グループ敗退は否めないか?

ということで、EURO2008に挑むオーストリア代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
発表されて、少し日にちが経ってしまいましたが、EURO2008に望むスイス代表の23名が発表され
ました。


ポルトガル・チェコ・トルコとかなり厳しいグループに入ったが、初戦のチェコ戦次第ではグループ突破
の可能性が高くなる。
私的には、今大会一番のダークホース候補と観ている。チームの熟成度・ホームの利を考えるとキー
マン・ロシツキーが欠場となったチェコを食い、ポルトガルすらも覆い尽くす勢いを得るかもしれない。
また、前線・中盤・最終ラインに若いタレントが揃っており、ベテランもチームのために労を惜しまない
まとまったチーム。十分、決勝トーナメントになを連ねる可能性がある。

ということで、EURO2008に挑むスイス代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
発表されて、少し日にちが経ってしまいましたが、ドイツ代表の23名が発表されました。


オーストリア・ポーランド・クロアチアという恵まれたグループに入り、ほぼ予選通過はできると
思われる。しかし、予選で厳しい戦いを通過しないといきなり決勝トーナメントで競合と当たった
時に厳しいかもしれない。
また、ドイツ代表の中心人物であり精神的支柱であるベテランMFベルント・シュナイダーの離脱
は、ドイツにとって多いな痛手。また、GKにも不安を抱えている。レーマンの不安定さ、エンケの
代表経験の低さに加え、ドイツの将来の正GKと目されていたヒルデブランドの落選も影響して
いる。
バラックが好調になりつつあることや、FW陣の層の厚さなど好材料があり、代表自体の好調さ
も相まって優勝候補ではあるが、一抹の不安を残す。


ということで、EURO2008に挑むドイツ代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
クロアチア代表のEURO2008のメンバーが発表されました。


イングランドとロシアが同居する予選グループをトップで通過し、最終戦でイングランドを予選敗退に
追いやったクロアチア。コバチ兄弟らベテランがチームの柱となり、クラニチャルやスルナといった
中堅が攻撃の核を担う。しかし、エースとなるべき点取り屋ダ・シルバがクラブで悪質なタックルに
よりEURO絶望となり、前線に不安があるもののオリッチやペドリッチが穴を埋める。注目選手は、
やはりラキティッチ。
バラバン・バビッチの落選は、結構意外。

ということで、EURO2008に挑むクロアチア代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
ギリシャ代表のEURO2008のメンバー候補が発表されました。24名が選ばれた為、1名は予備
だそうです。発表は、後日。


前大会の優勝国。典型的な堅守でセットプレーで得点し、逃げ切るチーム。前大会から名将オットー
・レーハーゲル監督が率い、予選でわずか1敗(トルコに1-4で敗北)と安定した戦いができる。
もちろん、サカオタから観ても”つまらない”サッカーは改善できていない。守備好きな私でも、受け
つけない。といっても、オーガナイズされた4バック・3センターの守備は一見の価値はある。あくま
で、一見である。

ということで、EURO2008に挑むギリシャ代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。
イタリア代表のEURO2008のメンバー候補が発表されました。24名が選ばれた為、1名だけ代表
から除外されます。発表は、後日。


ワールドカップ・ドイツ大会のチャンピオンとして、EURO2008とのダブル制覇を狙うイタリア代表。
若い有能な選手とそれを支えるベテラン選手がチームを支える優勝候補最右翼。CBコンビがカンナ
ヴァーロとマテラッツィと年齢が気になるが中盤の構成力、前線の勢いで不安を払拭したい。

ということで、EURO2008に挑むイタリア代表のメンバーを一言選手説明を加えてご紹介します。


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード