忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月17日(日) 日本代表 1 - 1 北朝鮮代表


久しぶりに英学の元気にプレイする姿を見れて、ちょっとうれしかったです。しかし、今回は敵!!
今大会の北朝鮮代表には、3人の在日朝鮮人(チョン・テセは韓国籍)が名を連ねており、ちょっと
やりにくい(応援しにくい)部分もありました。
事前にYahoo!のコラムに北朝鮮の情報が掲載されており、それを呼んでみるとドイツW杯予選後
に北朝鮮が代表の課題として3つの項目をあげたらしいです。その3つの課題が

 ・優れた得点感覚と能力を持ったストライカーを発掘、育成すること
 ・ここぞというときのイージーミスをなくすこと
 ・GKの高い技術育成と経験の蓄積

だそうです。
この試合を見て、みなさんも思ったと思いますが皮肉にも1つ目の課題である「優れた得点感覚と
能力を持ったストライカーを発掘、育成すること」は、日本のJリーグが育ててしまった、という結果
を目の当たりにした形です。もちろん、チョン・テセです。


日本代表のストライカー”我那覇”からポジションを奪い(ドーピング問題も含め)、ジュニーニョと
ともに川崎フロンターレの攻撃陣を引っ張り存在になったチョン・テセ。

今日の試合、本当にチョン・テセの気合を感じました。試合前に日本の取材陣に「足が折れても
勝つ」と大言を吐き、日本戦に向けて気合を見せていました。
先制点を奪った際も水本のバランスを崩し、4人のDFを引き連れ強引にシュートを打つ姿は、
本当に北朝鮮が求めていたモノだったように思います。

その北朝鮮を迎え撃つ、日本のスタメンは出番の無かった選手が何人か起用され、ちょっと不安
を感じていました。その中でもサプライズだったのが左サイドバック・加地亮。そこまで人材難な
ポジションなのか?と思う起用。ま、駒野はいまのところ中途半端だし、安田は前への仕掛けは
魅力がありますが、守備の不安は付きまとう。しかし、この試合の加地のプレイには、大いに不満
が残りました。失点のシーンでも、点に繋がるCKを取られたシーンで右サイドでボールを持ち、
判断が遅れて囲まれ、簡単にボールを奪われたのが加地でした。その他にも左足でのパスで
何度もミスを犯していました。もちろん、加地だけのせいじゃないですが・・・。
北朝鮮は、意図的かどうかわかりませんがカウンターで日本左サイド、加地の裏を使い、中央の
中澤を引き出すプレイがうまくいっていました。これも引きこもる相手に両サイドが高い位置を
とるのは、しょうがないにしろ中澤が簡単に外に引き出されない対処をしなくては・・・。


全体的には、守備に不安のある安田を入れることで前の推進力が上がり、より攻撃的になり、
途中出場の前田のゴールで同点に追いついた岡田監督の采配には、とりあえずの評価はできる
と思います。しかし、約20分近く残っている上、足が止まりだした北朝鮮に止めをさせなかったの
は、残念。
前田のゴールにしても、中澤のおしいヘディングにしろ、北朝鮮のGkのミスをもっとつける攻撃を
すべきだったように思う。北朝鮮自身が掲げる課題に”GKの高い技術育成と経験の蓄積”と
あったが、私から見て日本のCKの際など特にレベルの低さを感じました。無謀な飛び出しが
多く、何度かCKのボールを飛び出しても触れられないというシーンがいくつかありました。見極め
ができていない。遠藤もそこをついていたように思いますが、もっとCKをとるプレイをしてもよか
ったように思います。


とりあえず、引き分けと言う結果に合格点は無理ですが、可もなく不可もなくといった感じかな。
いや、かぎりなく不可か。川島・水本・安田・田代に経験を積ませたってだけですかね。

スタメンに前への推進力のある選手がいればなー。チョン・テセ、アレはやばいなー。


[関連記事]
「情熱大陸」で福田健二を見た 
 元アルビレックス新潟 安 英学の今!
ワールドカップ・アジア3次予選 日本VSタイ ぬっぺり速評
キリンチャレンジカップ2008 日本代表VSボスニア・ヘルツェコビナ代表 のっぺり評
キリンチャレンジカップ2008 日本代表VSチリ代表 ぬる速報評
キリンチャレンジカップ2008 日本代表VSチリ代表のみどころ
イビチャ・オシム元日本代表監督からのメッセージについて
第87回天皇杯決勝 サンフレッチェ広島VS鹿島アントラーズ 観戦記


[関連リンク]
“海外組”で強化を図る北朝鮮代表
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード