忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本のワールドカップ南アフリカ大会アジア最終予選の組み合わせが決定しました。


オーストラリア・バーレーン・カタール・ウズベキスタン。
どの国も決して楽な相手ではなく、また確実に勝ち点を計算できる相手もいない厳しい戦いが始まり
ます。
また、もう一つのグループには、韓国・イラン・サウジアラビア・UAE・北朝鮮となった。どうしても、
もう一つのグループと比較してしまいますが、やはり単純にW杯出場経験国が少ない方がいい、
と考えてしまいます。

しかし、今の岡田監督率いる日本代表に最終予選を優位に勝ち抜くポテンシャルを感じられない。
はっきりいえば、岡田監督が目指すサッカーが目の前しか見えていないように感じる。アジアで戦い方
を目指すあまり、精神面とチームワークを重要視しすぎてるように思う。結果のみを見て、未来が見え
ていない。力技と精神力だけのサッカーに私は、最終予選を勝ち抜くことはない、と思う。もちろん、
アジアでの戦いは、精神力はもっとも必要なものだと思うし、精神力がなければ多分、アジアの質の
低いジャッジや悪質なファウルを繰り返す中東サッカーを相手にした時、一つのミスがその後を決定
づけてしまう場合もあると思う。


オリンピック代表では、反町監督がアジアで戦うチームから世界と戦うチームにシフトチェンジする、
と発言し世界基準のチームを作り上げようとしている。
反町監督の方針に否定するつもりはない。世界基準を体感していない選手達に世界を考えてアジアを
戦えというは違うような気がする。(あくまで現時点では。世界を意識して戦えるように若年層から世界
を意識づけさせるのは、協会の仕事と考えます。)
しかし、その方針を日本のトップカテゴリーが目指していいものではないし、また、オフト→トルシエ→
ジーコのように日本サッカーの目指す場所をコロコロ変えてほしくない。
岡田監督が目指すサッカーは、目先のことを再優先し進んだ道に責任を負っていないように感じる。
現に3次予選では、「一人に頼るチームを作らない」といいながら、俊輔頼りだった(突出した才能に
に頼ってしまうのはしょうがないかもしれないが)。そして、ジーコがドイツ大会で選手間の不和を
もたらしたスタメンの固定もかいま見えていた。
比べたくないが、オシム監督のサッカーの方がより、我々に見てるものに日本の将来、目指すサッカー
を見せてくれていた。上積みの少ない岡田サッカーが最終予選を戦うには、不適当とはいいません
(就任理由は、同情するが)が、今の日本代表の”のびしろ”を感じていないのは、事実。考えたくない
が、もし最終予選敗退した時、日本に残ったものが俊輔や中澤らの代表引退という、日本サッカー界
の才能が何も残せなかった歴史だけ、というのは見たくない。

さて、日本と同グループになったライバル国の情報をご紹介したい、と思います。

オーストラリア
オセアニアからアジアに移籍してきた強豪。欧州に多くの選手を輩出しているにもかかわらず、
オセアニアに在籍していたため、オセアニアで勝ち上がっても南米枠とのプレーオフと言う最大の
難関がオーストラリアをワールドカップから遠ざけていました。が、ドイツ大会出場と共にグループ
リーグを突破し、オーストラリアが世界の強豪であることを示しました。
オーストラリア、といえば天才・ハリー・キューウェルですが、キューウェルはケガから復帰した
ものの復調したとはいいずらく、クラブ・代表でも大きな活躍をしていません。ヴィドゥカは、プレミア
で得点を重ねているものの、一時期の得点能力は陰りが。しかし、セルティックで俊輔の盟友で
あるスコット・マクドナルドやセリエAでも屈指のハードワーカーに成長したヴィチェンツァ・グレッラ、
と、オーストラリアの中核をなす選手が欧州で活躍している。
間違いなく、このグループの最大のライバルにして、グループ突破最右翼である。問題点は、ドイツ
大会でも懸念されていた欧州組と国内組のコミュニケーション不足(ドイツ大会では、ヒディングが
積極的に選手間で常にコミュニケーションの架け橋になっていた)。


バーレーン
やはり、というか期待通りに同グループとなったバーレン。私は、先日の埼玉での1-0を勝利と思って
いない。というより、日本のプライドがズタズタにされたと思っている。エース・アル・フバイルや司令塔
サルミーンがいないバーレーンに終了間際のラッキーゴール(巻のがんばりは絶対に否定しない)
でホームでありながら辛勝。バーレーンに力の差を見せ付けるどころか、あのメンバーで戦えるという
自身を与えてしまった。またも、精神面で優位にたたせてしまった。情けない。この悔しい気持ちを
返せる場を最終予選で得られたのは、嬉しい。今度こそ、今度こそ、バーレーンとの力の差を見せな
ければ、日本は今後、バーレーンというライバルを作ることになってしまう。
バーレーンは、なんといっても猪突猛進の言葉が似合うストライカー・アル・フバイル。アジア規格を
越える決定力と、アフリカ系・南米系の帰化選手たちが要注意。特に帰化選手は、すでにチームの
中心となっているらしく、日本戦では牙をむいていなかったが、十分に気をつけなければならない。


ウズベキスタン
近年、めきめきと力をつけて来た中央アジアの雄。その躍進の中心にいるのが大エース・マクシム・
シャツキフ。現在は、ロシアリーグに在籍しているが、去年までディナモ・キエフに在籍しており、
シェフチェンコのミラン移籍後にディナモ・キエフのエースとなり、ウクライナリーグで得点王にも
なったことのあるアジア屈指のストライカーであり、まさに”ウズベキスタンの矢”である。高さと
スピードを兼ね備え、代表でも高い決定力を誇る。また、セリエAで活躍するイリヤス・ゼイトゥラエフ
という若い選手もいる。
まだ、強豪相手に戦えるだけの力は内容に見えるが、3次予選でサウジアラビアにホームとはいえ
3-0で勝利している(アウェイで0-4で負けている)
戦い方も中東のようにカウンターではなく、旧ソ連らしくパスで繫ぐサッカーで日本とはやりやすい
相手。(現在は、不明)


カタール
カタールを語るときに一番に触れなければいけないのは、その節操のない帰化選手の多さである。
日本も帰化選手が多いが、日本の場合は日本に長年住み、日本と言う国を愛してくれた延長上に
帰化を選択してくれた、と思う。日本は、2重国籍を許してないため帰化すれば日本に住まなければ
ならず、そう簡単に母国に戻ることはできない。しかし、カタールはそういったハードルがかなり低く
設定されており、カタール代表には多くの帰化選手が在籍している。その代表格がなんといっても
札幌や浦和に在籍していたエメルソンである。フランスリーグ挑戦が失敗に終わり、即座にカタール
帰化に踏み切ったらしい。ただし、以前から問題になっていたFIFAの規定に抵触しており、カタール
代表として出場は、親善試合のみとなっており予選で出場するかはかなり微妙。
しかし、他にもウルグアイ国籍のセバスチャン・キンタナ(アジアカップで日本から得点をマーク)や
他にもアフリカ系選手が帰化しており、その節操のなさはアジアでも問題になっている。
しかし、そういった帰化選手が出場し、結果を出している以上、日本にとっても脅威であることは
間違いない。


と、どの国も決して、日本が簡単に勝ち点を計算できる国は一つもなく、今の岡田ジャパンにとって
格上?と心配する国ばかりである。
我々ができることは、現地・スタジアム・テレビの前で応援することしかできない。我々にとっても本当に
厳しく、心を痛める戦いが始まるのだと、感じています。


PR

コメント
厳しいですよね
私の周りにわかサカオタは、韓国・サウジ・イランが別になったことで、「2位まで行けるんでしょ?余裕じゃん」ってかなり、楽観してます。
しかし、厳しいですよね。私は、管理人さん以上に岡田監督に不信感を抱いてます。
監督交代まではいいませんが、もう少し期待を持たせる戦いをして欲しいですね。
【2008/06/28 16:42】 NAME[アキバのサカオタ] WEBLINK[] EDIT[]
Re:厳しいですよね
マスコミもかなり、楽観視してますね。本当に不安ですね。
【2008/06/29 01:51】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
【W杯最終予選】日本はオーストラリア、バーレーンなどと同組
2010年ワールドカップ(W杯)・アジア地区最終予選の組み合わせ抽選会が27日、マレーシア・クアラルンプールのAFC(アジアサッカー連盟)ハウスで行われ、グループAに入った日本は、オーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタールと対戦することが決まっ..
WEBLINK[URL] 【2008/06/28 03:14】


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード