忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[993] [992] [991] [990] [989] [988] [987] [986] [985] [984] [983]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年1月31日(土)~2月4日(火)

<事前に複数のサイトさん、旅行本、旅行サイトでヲタク街を下調べしています>

3泊4日で訪れた台湾、普通の旅行者なら台湾の歴史的な建物や景色などを求め、観光地へ
時間の限り赴くのが当たり前なのでしょうが、私はヲタクを自負している以上、海外に行ったら
観光地などそっちのけでヲタクはヲタクらしく、ヲタク街へ向かうべき!ってことで台湾のヲタク
スポットを回ってきました。

当Blogの隠れた人気シリーズ「ヲタクな世界の歩き方」は、上海ソウルに続く第3回目を向かえ
ました。
ソウル旅行で人生2度目の海外旅行にして、一人ぼっちの海外を体験し、一人で行く海外の楽しさ
や普通では得難い経験をすることができ、癖になるほど海外旅行が好きになってしまいました。
ご時世がご時世なので、このシリーズももしかすると最終回になるかもしれませんが、今回の台湾
旅行も過去2回を超える混沌としたヲタク街となっていますのでご紹介していきます。

と、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ観光に行ってきちゃいました(ごめーーーーーん)。
さすがにこのまま本当に観光しないで日本帰ったら勇者すぐる!と思って、イモひいちまいました。

090207-kanko-2.jpg











やっぱり、色々と台湾を歩き回りましたけど、本当に台湾は治安がイイですね!まぁ、私の極端に
疑心暗鬼で神経質に周りを威嚇していたからでしょうか?
こちらは、地下鉄の様子です。普通、海外の地下鉄利用は意外とレベル高いんすけど、台湾の
地下鉄は本当に平和。怖い思いしなかったッス。
韓国では、地下鉄で立っていたら、目の前にリアル軍人さんが目の前に立って、30分ぐらい軍人
さんの監視下に置かれました。いや、マジで怖かったッス。日本嫌いだったらどうしようとか、リアル
な拳が飛んできたりとか・・・・、普通に雰囲気だけで何をやっても勝てない!!!本能レベルで
感じましたね、あの時は。

090207-kanko-1.jpg








と、観光に行ったのはこちら。
台北101
総工費600億元を投じて建設された509mの超高層ビル。600億円じゃなくて、元!台湾ダラー
です。とんでもない、金額です。
ちょっと見上げただけで普通に首が痛くなる。
2007年に完成したドバイのビルに抜かれるまで3年間近く、世界一高いビルの称号を護って
いたみたいです。

090207-kanko-3.jpg










89階にある展望台に行くには、料金200元が必要です。台湾の人にはちょっと高めな値段設定。
案の定、ここに来るとよく日本語があちこちから聞こえてきます。

090207-kanko-4.jpg








わずか37秒で89階の展望台に到着。なんでも、世界最速のエレベーターだそうです。

090207-kanko-5.jpg








展望台から眺める台北の夜景は、かなりgood。昼より夜来たほうが感動できると思い、夜7時ごろに
着てみました。いやぁ、リアルで着てよかった思いましたよ。

090207-kanko-6.jpg








こちらの写真は、2005年の大晦日でカウントダウンイベントでビルから花火が咲き乱れた時の
パネルです。これは、生で見たかったなぁ。スッゴイことですよ、こらぁ。

090207-kanko-7.jpg










ここでカミングアウト。
私は、極度の高所恐怖症です。友人からも馬鹿にされるほど、高いところはダメダメです。
実は、ガラスで囲まれた展望台でもかなり怖かったです。ガラスに近寄れないぐらい。じゃあ、
なんで展望台なんか登ったんだよ!って、突っ込まれそうですが、怖さよりも好奇心が勝った
って感じです。
と、この台北101には99階に屋外に出ることが出来ます!
知りませんでした。なんか、他の観光客が上に上っていくからついて行ってみたら、普通に
屋外に出てました・・・・。
足が震える。マジで怖かったッス。もちろん、柵があったんですけど、怖いと思う前に足が震えて
いるんですよ・・・。足が一歩前に出せない・・・、その場にへたり込みたいぐらい。
情けない、と思うかもしれないですが地上500mという知識が無意識に足を硬直させているんです。
マジで怖かった。

090207-kanko-8.jpg








でも、勇気を振り絞り、腰を引きながら柵から少し手を差し出し夜景を撮影。
この後、すぐ地面にへたり込みました。

090207-kanko-30.jpg








下を見るより上を見な、ってことでまだ上がある台北101.

090207-kanko-9.jpg








撮影を終えて、急いで屋内へ。
と、下の階に下りる階段にこんな文字が。
小心間隙 Mind the gap
えーっと、和訳しますと
このヘタレ野郎!!怖いか?怖いのか?勇気があるなら、ここを覗いてみな!
ま、お前のようなヘタレ野郎に覗けないだろうけど。お前には、誰も期待なんかしてないさ、
このチンカス野郎!
 」
という意味です・・・・。

090207-kanko-28.jpg








で、こちらがその隙間。
階段の隙間です。延々と続く、螺旋の中心。あ、俺ヘタレだからカメラだけ伸ばして撮影しました。

090207-kanko-29.jpg








と、本当に怖かった台北101は、異常です。本当に異常です。


お次は、台湾名物・夜市のひとつ
饒河街観光夜市

090207-kanko-10.jpg








夜市は、日本で言うお祭みたいな感じ。本当に雰囲気が楽しい。ただ、食べ物屋台の中にかなり
レベルの高い食べ物もあります。アヒルの頭の丸焼きとか
入口には、こんな子供だましが。

090207-kanko-11.jpg








夜市といえば、屋台、屋台といえば、夜市です。
まぁ、何から何までうまそうだった。

090207-kanko-12.jpg








屋台のほかにも、怪しいおもちゃ屋とかもある。なんか、パッチモンが売ってたりするんですよw
こういうパッチモンを眺めるにも面白い。

090207-kanko-13.jpg








スマートボール?

090207-kanko-14.jpg








金魚すくいもあった。

090207-kanko-15.jpg








手巻き寿司の屋台。

090207-kanko-16.jpg








日式大阪焼。ま、お好み焼きってことで。普通に食べたくなるところが恐ろしいわけですよ、お好み焼き。
台湾まで来て食べたくなる魔力。

090207-kanko-17.jpg








怪しいゲーセンも。
筐体ゲームはほとんどなく、バスケットボールやエアホッケーなどの体感系のゲームがやっぱり
多い。
この夜市には10店舗ぐらいゲーセンが存在します。どこもお客さんで一杯。

090207-kanko-18.jpg








鉄板焼きも大人気。
台湾らしく、ドアとかで隔たれていないお店で外から良く見える。

090207-kanko-19.jpg









もう一つ夜市、こちらは一番有名な夜市。
士林観光夜市

090207-kanko-20.jpg








こっちは、ホントにうざいぐらい人で溢れかえってる。歩くのも困難。はっきり言って、もう行きたくない。
それぐらい人が多い。
しかも夜市の半分以上がファッション系のお店ばかり。食べ物屋台が少ない。アクセサリーとか
服とか靴をお探しの方ならいいかもだけど、食べ物は夜市の後半部分にある。

090207-kanko-21.jpg








台湾の舞台劇?をやってた本当にお祭って感じです。

090207-kanko-22.jpg








おもちゃ屋に面白いものが!

090207-kanko-23.jpg










モモーイのミニ四駆が台湾でも売ってましたw
売れるのかよ?

090207-kanko-24.jpg










ゴミ箱の少ない夜市のゴミ箱は、相当カオス。

090207-kanko-26.jpg










まだま続く、夜市。
日本のお祭でもみかけることが少なくなった的当てやストラックアウトなどの遊びも大人気。

090207-kanko-25.jpg








090207-kanko-27.jpg








なんとなく、夜市って昔懐かしい日本のお祭を感じました。
食べ物もかなり安いし、歩いていて面白い。やっぱ、台湾着たら夜市は行かないとね!


と、なんだかんだで観光を少し、してきてしまいました。
どれも貴重な体験ですよ。本当に。
皆さんも台湾へ行く際は、本当に楽しいので気をつけてください。楽しすぎて、帰る飛行機を1日
間違えてしまうかも!

今回の旅行は、だいたいですが
 ・旅行券および関連費 50K (二人以上で行けば、もっと安くなるしツアーを使えば更に)
 ・食費 20K
 ・移動費 5K(地下鉄20元、タクシー70元からと、移動費はほとんどかからない。空港からの
           移動費が一番、高い。)
 ・お土産など 13K
 ・ホテル代 25K(4ツ星で。)

と、120Kぐらいで台湾旅行でかかりました。
まぁ、半年ぐらい旅行の為に貯金をしていたのですが、本当にお金に見合った以上に素晴らしい
経験が出来ました。

みなさんも是非、一度、台湾へ言って観てください!
出来るだけ、アドバイスしまくりますよー。
また、いこうかなーー


[関連記事]

Fancy Frontier in 台湾 会場の様子
Fancy Frontier in 台湾 同人即売会の様子
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女 –マクロスF-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女 –ガンダム-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・1日目 –その1-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・1日目 -その2-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・1日目 -その3-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・2日目 -その1-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・2日目 -その2-
Fancy Frontier in 台湾 コスプレ彼女・2日目 -その3-
Fancy Frontier in 台湾 痛車・痛単車

ヲタクな世界の歩き方 台湾編 –繁華街・西門–
ヲタクな世界の歩き方 台湾編 –台湾の中野BW・萬年商業大棲–
ヲタクな世界の歩き方 台湾編 –台湾のアキバ・光華–
ヲタクな世界の歩き方 台湾編 –台湾最大のオタク街・台北–

ヲタクな世界の歩き方 台湾編 –普通に観光?–
謝謝&再見、台湾!!ただいま、お土産買ってきたよ
こちらスネーク、ガガガ、ピー、に潜入した!!指令を請う、オーバー
ヲタクな世界の歩き方 ソウル編 -序章・上海上陸-
コミックワールド in ソウル 会場の様子
コミックワールド in ソウル コスプレ彼女 その1 
コミックワールド in ソウル コスプレ彼女 その2
ヲタクの世界の歩き方 ソウル編 -韓国の秋葉原 龍山-
ヲタクの世界の歩き方 ソウル編 -ソウルの繁華街 東大門・明洞-
ヲタクの世界の歩き方 ソウル編 -韓国のヲタク事情を考察する-
ヲタクの世界の歩き方 ソウル編 -ソウルのエロエロ-

ヲタクな世界の歩き方 上海編 -上海の食事-
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -上海のま○だらけ・上海動漫城-
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -上海の秋葉原・文廊-
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -序章-
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -上海の電脳街・百脳匯-
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -上海の中野・上海旋動楽百動漫城- 
ヲタクな世界の歩き方 上海編 -・上海のエロエロ-

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード