忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1381] [1380] [1379] [1378] [1377] [1376] [1375] [1374] [1373] [1372] [1371]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年9月9日(水) ガーナ 3-4 日本


まずは、オランダ戦の完敗からのメンタル面のリカバリーを見せた日本代表の”切り替え”という
面で大いに評価できる、と思います。

今日の試合での失点3得点中、それぞれが経験になった点であり、現在の日本代表の経験では
失点してしまう失点だったと思う。ただ、やはり1点目のPKは少し、”いい加減にしてくれ”って思う
部分もある。おそらく、長友も相手の滞空時間を通常の選手と考えたうえでの踏み切りの速さだった
と思うのですが、つまらないPKを取られないために腕の使い方を学ぶことが必要だと思う。(こういう
失点、何点目だ?)2点目に関して言えばGKが川口であれば、事前に高い位置を取り何事もなく
とは言わないにしろ、あぁも簡単に失点を許すことはなかったし、3点も同じである。が、これに
関して言えば、川口・楢崎という名GKに頼り切った起用をしてきた岡田を含めた歴代の監督の
責任でしょう。
とはいえ、3失点をした上で逆転で4得点を奪い、逆転したという経験は非常に大きいと思う。ガーナ
自体の運動量が落ち、また一部、守備をサボる選手が見れたのと、アフリカ特有ともいうべき
エアポケットとも取れる守備面でのフォロー不足と集中力の低下、リスクマネジメントの低下が
あったが、ガーナ相手に1-3から逆転で勝利できたという経験は、とても大きい。相手の事情が
なんにせよ、人間は一度経験した苦しい状況で得たものは忘れること難しく、それを大小なりに
フィードバックし、これからの戦いで活用される”経験”となるはずだから。


試合を通して見て見ると、前半はやはり前田遼一のポストプレイが大きな役割を果たしていて、
ポストプレイで連携不足が散見されたものの、ポストプレイが繋がればチャンスをつくっていたのは
確かで、またサイドでボールを持った時、またはバイタルエリア手前でボールを持った時にFWが
二枚いるだけで、チャンスの選択肢が増えている。その分、憲剛がやりにくそうな感じはあったが
それでも両サイドがよりフリーで受けるだけのスペースが生まれる要因にもなっていた、と思う。
俊輔に関していえば、少し調子を落としている感がある。チャンスメイクやゲームメイクよりも
繫ぎや溜めに埋没してしまった感があるが、かといって俊輔が不要というわけではない、と思う。

3失点した時点で、少し残念というか最近、よく見るのが中澤の憔悴した可能ような悔しがり方だ。
正直、不安に感じています。特に圧倒的な力の差というより個人能力の差で失点した時の中澤の
顔は、「やっぱり、ダメなのか?」といわんばかりの顔に見える。彼は一度、挫折をしている。挫折
をして復活した人間は強い、といいますが挫折を知り成長して、同じ挫折を味わってしまった時に
心は折れやすい、ということもあります。そういった意味でも失点した時の覇気を見せない中澤に
不安を感じています。反面、それを補うように闘莉王の活力は見るものがあり、DFリーダーとして
の自覚、というよりも守備で失点しても得点への渇望が高いから失望なんてしないんだろうけど、
それでも闘莉王がDF陣のメンタルを引っ張ってるように感じます。

さて、日本の得点に関してですが1点目は、FWを2トップにして影響がそのまま出た形。岡崎に
出したパスがDFにあたるも、DFの裏に流れて走りこんだ前田がDFと競り合った結果、ボールが
さらに裏にこぼれ、ポジションを取っていた憲剛が少し引っかかりながらもシュートを打ち、
GKの腕をはじきゴールネットへ。2点目は、まさにアフリカン。コーナー付近でボール奪取した
パントシル(かな?攻撃的SB)が本当にフェイントを入れることもなくゴール付近にパスを
出すがパススピードが遅すぎて長友がボールを奪い、どフリーの玉田にパス。ぶっちゃけ、
絶好のレフティーポジションで外したら玉田、ぬっ殺したね!間違いなく。
3点目は、勢いに乗った長友が左サイドで主導権を奪い、稲本にボールが渡り正確なロングパスが
ガーナDFの通り越し、ピンポイントで岡崎へ。岡崎もうまくヘディングで軌道を変えてゴール。
左サイドで主導権を奪った長友をフォローするように左サイドでの連携がうまくいくようになり、
ついに左サイドのカットインから横パスをつなぎ、稲本へ。稲本が絶妙なスピードとコントロール
でゴールにボールを流し込む。
4-3。

この試合、大きな収穫は”逆転したという経験”。そして、選手レベルで言えば前田遼一と稲本潤一
の活躍は、今後のチームのプラスになる。ぶっちゃけていえば、稲本の今回の活躍は長谷部の
ポジションを脅かすどころか、十分に並んだと思っています。現在の日本代表は、決定力がなく
多くのチャンスを創る事でゴールを奪わなければならない。その中でチャンスを作ること、攻撃
参加のバランス面でプラスになる。カバーエリアと前の推進力、ショートパスの精度でいえば長谷部
が優れると思いますが、ロングパスと1対1の守備、そしてミドルシュートでは稲本。バリエーション
と言う意味でも戦略の幅の意味でも稲本が日本代表のグループに必要であることを照明できた、
と思う。前みたいにトップ下起用して、潰すのではなく正しいポジションで正当な評価をすべき。


とりあえず、今回の試合は収穫は大きいものの、岡田監督の今後の代表強化に対する方針は
不安を残している。今回の試合は、選手たちの力による面が大きい。ただし、4-5-1を捨て、4-4-2
を採用したところは評価できる。ただ、これを継続するか不明であり、”90分間プレスをかける”と
言う意味では、4-4-2ではサイドのプレスに不安がある。元の木阿弥になる可能性もある。

とりあえず、純粋に勝利を喜んで、将来への不安に目を逸らしておこうと思います。今回だけは。


[関連記事]
親善試合 オランダVS日本 速報評
J1リーグ 横浜Fマリノス VS アルビレックス新潟 観戦記
アジア最終予選 オーストラリアVS日本 愚痴
我らが日本代表!世界の舞台に向けて、再出航!
キリンカップ 日本VSベルギー 速報評
キリンカップ 日本VSチリ 速報評

PR

コメント
無題
ガーナ代表ムキムキですね。
あの肉体美ホントうらやましい…
失礼、ガーナの得点シーンがまるでウイイレをみてるようでしたw
本田は守備はともかく攻撃時にはいいポジショニングしてるんですよね~

閑話休題 
ぼいトレ!購入させていただきました。
こんな素晴らしいアグネス違反をどうもありがとうございましたw
【2009/09/10 00:47】 NAME[ラム] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
ラムさん、乙ッス
ガーナ、みんな▽みたいな身体でしたね。つか、寄せが早いから
普通なら取れないからスピード落とすのにスピードのったまま、
ボール奪取。ガチでうらやましいッス。身体能力が違うってだけで
なんか悔しいより、無理なのかなぁーって絶望を感じますよ。
本田は、まず態度も守備もそのまま(今日はコースを切るぐらいは
やってましたね)でいいんで、まずはチームの武器として我を活かす
術を学ぶべきですね。今は、日本が我を使うだけの幅がないですから。
孤立まではいかないまでも本田が欲しいところでパスがこないことが
多かったですし。

(・∀・)ニヤニヤ アグネス乙!
【2009/09/10 00:56】
二点目の取られ方がかなり心配だった
正直、トゥーリオの守備は信用してないんですが、中澤でも黒人選手の身体能力に
ボコにされるってのが、改めて心配になりました。
ドイツW杯の時から、アサモア=ギャンには驚かされましたから、世界でもすごい選手だとは思うが、
シード国のFWだとあれくらい普通だろし・・
はてさて、中澤であの体たらくでは、今、アジアの壁って言えるCBはだれなんだろー?
韓国とかイランあたりもあまり名があがらない・・やっぱ、オーストラリアか?
オーストラリアもGKシュウォーツァーとか思い出すけど、CBってだれだっけ?
【2009/09/11 22:38】 NAME[はらきり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:二点目の取られ方がかなり心配だった
元々、中澤自体にスピードがないのは言われていたことですが、
かといって、ラインを下げたらプレスも機能しないし攻撃も機能しない
ジレンマですね。ゴールキック一発ですからね。単純に中澤だけの
せいじゃないし・・・。難しいですね。

私もアサモア・ギャン、注目してました。というよりも
兄か弟か忘れましたが、バフォール・ギャンをアテネだったかな、
見てこいつぁ、将来来るなぁー、と思ったんですが。ブレイクせず。

現代版アジアの壁ですかぁ。
ミョンボさんや井原みたいなリベロタイプでいえば、十分、闘莉王
だと思います。世界的評価を見ても、フィード能力や高さ、
得点能力と闘争心。ただ、アジリティーが低いかな。
単純に守備能力と統率力っていうとルーカス・ニール。
アジアの最凶なら間違いなく中国の李韋峰ですね
韓国のオススメは京都の李正秀。
ぶっちゃけ、アジアのDFっていまだに高くて強ければOKってのが
多いから世界水準で見たとき、現代版のアジアの壁って見つけ
にくいですね。やっぱり、闘莉王が有力かと・・・。ちょっと、
色眼鏡抜きで見れてないッスね

つか、はらきりさん、サッカーもいけるんですね!!wktk
【2009/09/12 00:42】
無題
闘莉王は、前がきちんと仕事して後ろで落ち着いてるときはいいと思ってんですが、
日本代表にありがちな、点入らないと、かなり上がって、奪われた後に戻る時のパターンが信用できないのが、ちょっと・・
前がしっかりしろって感じもあるんですが。

世の中は、ヨーロッパA組でポルトガルに黄色信号で騒いでますが、デンマークとスウェーデンで
問題ないやんって思う人間だったりします。
伝統的に、デンマークみたいな組織的なカウンターサッカー好きなんですよねぇ。
C・ロナウドいなくても、スウェーデンいれば、
H・ラーション、ズラタンいるし。
北欧勢は、GKもいいのそろってるし。

聴かれてないと思いますが、見た範囲でのW杯の思い出は、中学時代に体育が雨の時に
見せてもらった、マラドーナの5人抜きと、
1994年の、ルーマニアのゲオルゲ=ハジですかねぇ。
当時ダークホースと言われた、バルデラマ、アスプリージャ、リンコン中心のコロンビアを、
超ロングシュートとかで下した試合は、
また見たいと思ったり・・。
でも、1994年のコロンビアというと、
エスコバル選手の暗殺事件がどうしても・・(合掌)。
【2009/09/12 01:10】 NAME[はらきり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
W杯1994ですか、私はやっとサッカーがわかり始めた頃で、ミーハー
で申し訳ないんですがロベルト・バッジョが私のヒーローです。
ハジ、懐かしいですね。バルデラマとか。エスコバル事件は、サッカー
と言うもの自体の世界的な力をしらなかったので「なんで、サッカーごときで」って思いでした、当時。

スウェーデン、2試合ほど見たんですが、ポルトガルのチャーノ以上に
ズラタンがビミョーなんですよね。つか、去年のインテル同様、
ズラタンの相方が決まらないから、ズラタンにマークが集中して、
中盤は中盤でシェルストルームがいる時はいいんですけど・・・。
GKイサクソンは好きですねー。つか、スウェーデンってキャプテン問題
でメルベリはキャプテンにふさわしくない!って内乱以来、まとまり
がない感じがするんですよねー
デンマーク、ポルトガルがいいなぁー。ポルトガル、リエジソンが
入っていいチームになりそうな悪寒がするんですよー

ヤバイッスねぇー、はらきりさんとサッカー、語れそうッス
【2009/09/12 01:27】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード