忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1384] [1383] [1382] [1381] [1380] [1379] [1378] [1377] [1376] [1375] [1374]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在、大絶賛公開中の「サマーウォーズ」を観て来ました。
ぶっちゃけ、貞本義行先生のキャラクターデザインで注目をしていたんですが、作品のストーリー
自体あまりよくしらなかったものの、「少年とおばあちゃんの戦い」というキャッチフレーズが
少し、興味を持っていたんですが・・・。


ごっづ個人の感想ですが、不覚にも泣いてしまいました。
イメージ的には、同じ貞本義行先生がキャラデザした「時をかける少女」と同じような青春臭い
作品かな?と思っていたんですが、青春だけでなく家族愛だったり、なんか感動的ないろんな
もんがいっぱい詰まった作品でした。ひさしぶりに涙が出るほど感動してしまいました。

ということで、軽く作品を感想を書きます

090910-sw-1.jpg









主人公は、超がつくほどの草食系男子の高校2年生の小磯健二。特技は、数学で数学オリンピック
の日本代表にあと一歩、という実力を持つ。そんな小磯は、憧れの先輩・篠原夏希からバイトを
しないか?と誘われる。そのバイトの内容が「私と一緒に田舎に行って欲しい」というもの。
小磯は、憧れの先輩・夏希と共に夏希の故郷・長野県の上田市へと向かう。
そこには、戦国時代から数百年続く名家・陣内家の当主にして、夏希の曾祖母・陣内栄と陣内家の
大家族が待っていた。
しかし、夏希のバイトは実は、「曾祖母に彼氏を紹介したいから、彼氏のフリをして欲しい
というものだった。
この世界には、世界中の人々が集い、楽しむことができるインターネット上の仮想世界OZが存在し、
世界10億人以上のアカウントが存在し、OZでは世界中のあらゆる音楽、映画、家具、食品、自動車、
不動産、旅行プランなど、実際に手に取るように体験でき、多くの行政機関やビジネスとしても
利用が可能で、世界はOZを中心に回っている。

そして、陣内家で夏希の彼氏を演じさせられている小磯の元に”数字の羅列”がメールで送られて
くる。小磯は、意味も理由もわからないものの数字の魔力に引かれ、数字の羅列から答えを導き
出し、相手不明ながら答えを返信してしまう。
翌日、テレビに映っていたのは”OZの最高級のセキュリティを突破し、大混乱を引き起こした犯人”
として小磯の顔写真。小磯が解いた数字の羅列は、OZの最高レベルのセキュリティコードだった。
なにものかによって、小磯のOZのアバターが奪われ、小磯のアバターがOZ内で大暴れをしていた。
小磯は、世界が大混乱を起こした張本人として、陣内家から夏希の彼氏でないことをバレてしまう。


というのが、簡単なあらすじ。
最初は、落ちぶれた名門で主人公がいかに陣内家の家族に認められていくか?ってお話と思って
いたら世界的な混乱と陣内家のおばあちゃんを筆頭に陣内家の面々がネットの世界OZの混乱と
立ち向かっていくと言う爽快活劇みたいなお話。

はっきりいって、すっげぇ面白かった!
なんつーか、前評判と言うかオタク的にも世間的にもあまり盛り上がっていなかった作品だけに
大きな期待はしていなかったんですが、予想以上というより「絶対にDVD買うぜ」っていう
テンションまで上がるほど面白かったです。

私の実家も豊臣家に仕えていた武将だったらしく、実家がある付近に落ち延びてそこで村を
造って、何百年って時代を生き抜いた名家らしいのですがこの映画で描かれているほど家族の
絆はなく、実家の相続関係でいがみ合う関係ばかりで・・・。
だから、こういった家族愛、しかも父・母だけじゃなく、曾祖母や祖母、孫、ひ孫、一族すべてが
一体となって世界の混乱の元と戦う姿は、なんつーかすっげぇーwkwkして、痛快。
草食系男子の主人公が陣内家のおばあちゃんの言葉に勇気をもらい、率先して戦いに挑み、
それに煽られる様に女系家族な陣内家で男達が常識外な結束力を見せ、戦っていく。

この映画、ネットの世界と陣内の家の中でほとんどの物語が進行し、世界の窮地ながら世界
に目を向けることは少ないですが、逆にそれが狭い世界が大きな世界を救っているギャップを
感じる。



そして、ラストシーンはぶっちゃけ涙なしじゃ見れない。いや、全体を通して3回は泣ける。泣けない
人、感動できない人は人間としてなんかの感情が欠損してる!

そして、小磯と夏希の仲が・・・・。

すっげぇ、オススメです。エヴァに並ぶぐらいオススメです。見ないと損はしませんが、何かを得られる
ことが出来る素晴らしい映画です。
漏れ、泣きそうだお。



[関連記事]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」、地上波で序やってる時に見てきた


[関連リンク]
サマーウォーズ公式サイト
PR

コメント
無題
そこまで勧められるとみたい
でももうすぐ連休じゃないか!
映画館混むから嫌じゃな~
よろしくお願いしまーす!
【2009/09/13 16:43】 NAME[爺] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
爺さん、是非見てください。
サマーウォーズ公開から日にちがたってるんで、そんなに
混まないと思いますよ。
もしくは、平日・・・。
私、もう一回見に行こうかなぁってぐらいです
【2009/09/13 22:09】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード