忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1375] [1374] [1373] [1372] [1371] [1370] [1369] [1368] [1367] [1366] [1365]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年9月5日(土) オランダ 3-0 日本


岡田監督の”監督”としての可能性が本当に感じられない。
この試合における3-0というスコアに意味はないです。ただ、現在の日本代表の能力を過大評価
しているのか、それとも可能性を引き出そうとしているのか・・・・、唯一言えることは”ひとつのミス”
や”小さな事をおろそかにする”という岡田監督の完敗の理由は、当てはまらない!と感じています。

この試合、60分頃までスタミナを度外視したプレスは、”90分”というサッカーの試合時間を考慮
しない戦い、その後30分に対する監督の采配の無能ッぷりは見ていて腹が立つ。この試合を
強化試合と見るのであれば、本田やコウロキを入れて世界のトップレベルの力を感じさせるのなら
多少なりに理解はできる。しかし、現在の力を試す上で、なぜ?本田をハーフタイムに交代させた
のか?私は、ハーフタイムに選手交代をするというのは、戦術が極端にうまく回らない、もしくは
その選手のコンディションが著しく落ちているなどの理由があると思うのですが、それは監督自身
のミスに負うところが大きい。
今回の試合、前半のみを見れば、プレスポジションをハーフウェイラインを超えたあたりに設定し、
オランダ代表のダブルボランチ、特にデ・ヨングのボール受け・廻しの稚拙さを狙い、また縦パスに
対するハイプレッシャーでボールを奪うことでオランダのリズムを奪い、またオランダの生命線で
ある両ウィングには徹底したダブルチームで当たる。オランダから見たら縦パスを潰されることで
スナイデルの動きが制限され、もともとオランダは両ウィングの攻撃対するフォローは多くないため、
日本のハイプレッシャーがオランダを封じ込めることに成功した。


日本の攻撃といえば、縦パスをカットしてからサイドバックの上がりと俊輔・憲剛の高い位置で
チャンスメイクにより攻撃に繫げていた。
ただ、攻撃面でシュートシーンが多く見られたが特典に近づけたシーンは、ほとんどなかった。
これは、ハイプレッシャーの影響によるところが多いと見ている。スタミナ面ではなく、プレイ精度。
日本は、足元のテクニックに優れている、といわれて久しいが”プレッシャーの中でのプレイ精度
は、かなり低い。特にフィジカル面で上回る相手がプレスを掛けると極端にプレイ精度が落ちる。
特にバイタルエリアではまともボールが足元に収まらず、またシュートでも打ち抜くことができない。
今回の日本は、自らが仕掛けたハイプレッシャーの影響で常にプレッシャーの中でプレイしている
為、プレイ精度が低く、人数をかけることでカバーしていたがそれすらスタミナを使う結果になって
いた。

ハイプレッシャーを使えば、後半の早い段階でスタミナ切れになることは誰の目にも明らかなのに
対し、岡田監督の采配は、”成長著しい本田の起用”と”興梠のトップ起用”のみ。
親善試合のため交代枠はあるはずなのに勝手に”3人枠”縛りをした岡田。本田の起用は、本田の
最近の勢いから見れば”なるべく長く使いたい”と”オランダ相手に今の力をガチンコで試したい”って
いう板ばさみで悩んだ結果と思えば多少は理解できる。しかし、”興梠のトップ起用”と”交代枠2人”
しか使わなかったことには岡田監督の意図がまったくわからない。
リズムを取り戻し、攻撃に比重を置き始めたオランダの裏のスペースを狙う意味で、前田と興梠しか
カードがないことを考えれば興梠の起用はわかる。しかし、スタミナを使い果たし、カウンターも効果
的に発動できず、FWとMFの距離が離れすぎてパスの距離が長くなり、オランダのDFにあっさり
絡めとられ、結果的に興梠が活躍するシーンはゼロ。
誰の目にも中盤、右サイドの内田のスタミナが切れているのは明らかなのに対し、交代枠を1枚
残す岡田監督は無策。無能なのか?
岡田監督を見ていると、”根性”・”潜在能力”・”気合”というスポコン漫画を想像させられる。私個人
は決して嫌いじゃないが、本当にそれらが備わった選手であるのであれば、だ。しかし、そういった
精神面で何とかしなきゃならないのであれば、日本サッカーに未来はない。

今回の試合で収穫は、オランダと戦った13人の経験。川島のGK経験。60分までオランダを封じ
込めたという幻想。

岡田監督は、もう少し周囲の意見を取り入れたほうがイイと思う。マスコミの風評などを耳に入れ
ない為に耳を塞いだ結果、本当に聞かなきゃいけない言葉を聞いてくれていないような気がする。

あともう1戦、ガーナ戦があります。世界トップレベルに対し、守備ではなく攻撃で何らかの爪あと
を残さなければ、本番で何かを手に入れることは出来ないように思う。
日本サッカー協会も信じるのは構わないが、明確な目標を早めに設定する必要があると思う。
漠然とした目標(ベスト4)に選手たちが惑わされないように・・・・。


[関連記事]
J1リーグ 横浜Fマリノス VS アルビレックス新潟 観戦記
アジア最終予選 オーストラリアVS日本 愚痴
我らが日本代表!世界の舞台に向けて、再出航!
キリンカップ 日本VSベルギー 速報評
キリンカップ 日本VSチリ 速報評

PR

コメント
無題
ちょい前のスポルトにて、ヒディングが、
日本の攻略法として、60分まで耐えて、そこからフレッシュな選手をバンバン投入して突き放すって言ってましたけど、
本当にその通りの展開でしたね
【2009/09/05 23:53】 NAME[ロッソネロ] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
オーストラリア戦の前あたりのスポルトですね。私も見ました。
ジーコの失敗を省みなかった結果、岡田も同じ道を歩もうとしてる
んですかね。歩いてる道が違うから方向も違うだろうと思ってる岡田。
オシムサッカーも基本、走るサッカーですが基本的に考えて走るサッカー
でした。日本化を目指す上で日本人の特徴を引き出すサッカー。それは
無尽蔵なスタミナでフルプレスを掛けるサッカーじゃなかったはず。
岡田のどこを信じれと言うんでしょうかね?サッカー協会は
【2009/09/07 01:10】
無題
ガーナが日本をフルボッコしてくれることをひそかに期待している自分がいます…
あ~自分最低ですね。

【2009/09/06 19:02】 NAME[ラム] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
それで岡田辞任が決まるなら私もそうして欲しいです。
ただ、現状を考えるとアフリカ系への経験のなさをとにかく埋める。
そして、組織のない相手に対し、いかに組織で崩し点を奪えるか。
はっきりいって、日本守備陣には過酷な戦いになり、攻撃陣には
点を取るための可能性を見出す試合になってほしいです
予想以上に足が伸びてきた、などの言い訳を聞きたくない。
想定を高く持ち、ソレに対する処置を見て見たいですね
【2009/09/07 01:13】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード