忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たぶん、今回の話を見た方が今回の第18話「悪意の矛先」にいろいろな想いをお持ちになった、
と思います。かくいう私もかなりショッキングで、いつものテンションでレビューを書けるか不安に
なるほど、考えさせられました。

先週のレビューの最後で、ある種の「フラグが立った」と書いてしまいましたが、悪い意味ではずれ
てしまいました。悪い意味とは、作品自体が悪いということではなく、あくまでストーリーが予想外に
行って欲しくない方向に進んでしまった、ということです。

なるべくいつものテンションでレビューしようと思いますが、正直、どう書くべきか迷っています。
では、ぬるく語ります。

5f73f491.jpg





さて、まずはAEUの基地に対し武力介入を行っているトリニティーズから。

080208-00-1.jpg








介入行動(破壊活動)に対し、恍惚な表情するネーナ。無邪気に人の命を奪っていく。


三カ国合同演習時にガンダムスローネが登場した際に撃墜されたユニオンのリアルドのパイロット
にパイロットスーツ姿を見られてしまうネーナ。

080208-00-2.jpg








無茶をする人が好きって言って、自分もこんなミスしているのは・・・・。


口封じ?をされるネーナの姿を見たリアルドのパイロット。

080208-00-3.jpg








このパイロットからスローネのパイロットの情報を聞き出した絹江・クロスロードに手が及んでない
のは、ある程度泳がされてるのか?絹江の行動が、監視されているとは思うのですが・・・。


そして、今週の悲劇への序章。

080208-00-4.jpg








ネーナの偶然に目に入って、世界が変わりつつあることを認識していない者たちへの警告なのか、
遊び半分でルイス親子がいるスペインの古城を射撃される。
この行為自体に意味は無い。ただ、ネーナが気に入らなかっただけで、殺害される戦争行為とは
無関係とされる人たち。

080208-00-5.jpg








戦争とは、無関係と思っていたルイスにも世界の変革と言う名の刃が襲う。
私は、この時点ではまだ、「ルイスの両親の死」という認識しかありませんでした・・・。これが先週、
感じた「フラグ」の正体か、と思っていたのですが・・・・。


先週のスローネのユニオンの基地への攻撃により負傷を負ったカタギリ。

080208-00-6.jpg








エイフマンが残したカスタムフラッグの整備を行うカタギリ。彼にも譲れないモノがあるらしい。
カタギリは、エイフマンが到達したソレスタルビーイングの謎によって消されたことに気付く。


ガンダムに奪われ続けたグラハム・エーカーの機体性能差を越えた一撃。

080208-00-7.jpg








過去最高にカッコ良かったグラハム・エーカー。
「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!」
今まで数多くの迷言を残してきたグラハムですが、今回も迷言に近い言葉にもかかわらず、今回
の言葉は実にカッコイイ。
スローネアインのビームサーベル叩き落し、二本のソニックブレイドを捨て、そのビームサーベルを
拾ってスローネアインの右腕を切り落とす。
しかし、装甲を極限までに薄くし、限りなくスピードに比重を置いた究極のカスタム機。その究極の
スピードが作り出すGに体が付いてこず、血をはくグラハム。



そして、ほとんどの人がこのシーンにショックを受けたと思います。最初は、彼女が指輪を受け取れ
ないといったのは、両親を失ったからだと思っていました。

080208-00-8.jpg








指輪をはめるべき手がそこにはない。スペインで石の下になったルイスは、両親と共に左手を
失ってしまう。
今までルイス・裟慈の存在は、単なる癒し的な位置であり、戦争が起こってる世界で戦争を実感
出来ていない普通の生活をしている人間の立ち位置でしたが、突然、無慈悲に襲ってきた戦争
という現実。

私的に、このお話は好きではありません。女性であるルイスが好きな相手から告白を受け、指輪
をはめてもらうという幸せを壊す、突きつけられた現実。受け入れることは、できません。
しかし、完全に否定することにも戸惑ってしまいます。少なからず、戦争行為には死と共に負傷者
がいるわけで、四肢のみならず後遺症が残る人がいるわけで、戦争での死を受け入れられて、
負傷者は受け入いれられない、ってのはできないかなって想いからなんですが・・・。

それでも、ルイスというキャラクターがこういう結果になるのは受け入れがたい・・・。もちろん、子供
が見る時間帯でこういう演出が必要なのかと言う議論もあるとは、思いますが・・・、あえて私はそこ
には触れません。

080208-00-9.jpg








今まで、困った顔と笑顔がトレードマークだった裟慈の涙。
彼が今後、どういった行動を取るのか。憎しみの連鎖に囚われるのか、それとも別のアプローチを
するのか。


最後にガンダムを名乗りながら無意味に殺戮を行うトリニティに戦いを挑む刹那とエクシア。

080208-00-10.jpg







今回ばかりは、ガンダムエクシアの無茶な行動に支援したい気分です。



と、今回は、いろいろな物議を呼ぶことは間違いない、と思いますが、それでもダブルオーの今後
が気になることは、間違いないです。
ルイスが再び笑顔を取り戻して欲しいです。これが夢オチだったら・・・・・。現実逃避したい・・・。


[関連記事]
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第17話「スローネ強襲」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第16話「トリニティ」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第15話「折れた翼」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第14話「決意の朝」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第13話「聖者の帰還」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第11話「アレルヤ」- 
ぬるガノタがいく -機動戦士ガンダム00デジタルハリウッド大学特別授業-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第9話「大国の威信」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第8話「無差別報復」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第7話「報われぬ魂」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第6話「セブンソード」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第5話「限界離脱領域」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」-
ぬるガノタが語る -機動戦士ガンダム00 第2話「ガンダムマイスター」- 
ぬるガノタが買う -ダブルオー、同人誌第二弾を買う- 
ぬるガノタが買う -ダブルオー、同人誌第二弾を買う-
ぬるガノタが買う -L'Arc~en~Ciel 「DAY BREAK'S BELL」-
ぬるガノタが語る -待ちに待った機動戦士ガンダム00放映開始!!-
ぬるガノタが歌う -歌唱戦士ガンダムSEED SCORE- 
ぬるガノタが買う -データコレクション21巻- 
ぬるガノタが叫ぶ -土田総帥が00(ダブルオー)絶賛!!- 
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース11月号-
ぬるガノタがいく -機動戦士ガンダム00 試写会 中野編-
ぬるガノタがいく -ガンダムEXPO 東京2007 機動戦士ガンダム00編-






PR

コメント
無題
以前竹田プロデューサーと水島監督の対談のブログを拝見させていただきましたTOMOSHIBIです。
正直、今日私は思わずテレビの世界に対して感情的になってしまいました。普段私はアニメやドラマの世界ではあまり感情移入はせず、あえて展開を見守ると言う見方で番組を見てきました。ガンダムの前の番組『地球へ……』でも、私はこの立場を崩しませんでした。
しかし……久々です。こんなブルーな気持ちになり、思わずテレビに向かって叫んでしまいました。あまりにもルイスが可愛そうで、トリニティのネーナがあまりにも無邪気と言う残虐な一面を見てしまって。
でも、私は、いずれ裟滋とルイスには(あるいはどちらかが)不幸な出来事が訪れるのではないかと思っていました。
理由は、二人の立ち位置です。
彼らは戦争と言う言葉とは無縁な、遠い――今の日本人みたいな存在なのではないかと私は考えています。
今まで平和だった日々に訪れた晴天の霹靂。
彼らが関わり始めた時から、大きく物語は動くのではないでしょうか?
正直、二人の今の状況は可愛そうすぎる、つらすぎると思います。でも、私はあえてこの二人を応援したい。
男を見せ付ける時ではないか、裟滋!!と。
そして、今後の展開を私は見守って行きたいと思います。そして、頑張れ裟滋とルイス!

長々乱文失礼いたしました^^;
【2008/02/10 02:20】 NAME[TOMOSHIBI] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
TOMOSHIBIさん、またコメント頂き、本当にありがとうございます。
私、朝起きても寝覚めが悪くなるほどまだ凹んでます。
私の周りでもかなり今回のシーンに対して、いろんな意見が行き交ってます。
私もTOMOSHIBIさんと一緒で今後の展開を静観したい、と思っています。
まだ、問題提起をしただけで、それに対する答えが出ていないからです。
裟慈なのか、それともルイスなのか、わかりませんが本当にこの先の二人が
出す答え(結果)が今回のシーンの意味を決定すと思うので・・・。

それでも切ないですよね・・・、本当に。
【2008/02/10 19:41】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第18話 「悪意の矛先」
機動戦士ガンダム00 2 新たなガンダムによる武力介入は一方的な破壊活動だった。刹那はその在り方に疑問を抱く。そんな中、王留美は新たなガンダムマイスターたちの動向とその存在について確認するため、アレハンドロとコンタクトを取る・・・。
WEBLINK[URL] 【2008/02/10 07:29】


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード