忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

J開幕が待ち遠しくて、日々wktkしている私は、サカマガ等を購入してとりあえずwktkを押さえ込
んでいます(実は増長しています)。
サッカー雑誌を読み耽りすぎて、今年のJリーグの他チームの知識もそれなりに得てしまってい
るので、そんなヌルイ知識で各チームをヌルイアルビサポの立場から語りたい、と思います。

まずは、昨年王者・鹿島アントラーズから

このチームは、毎年のことだけど派手な補強はしない。今回も目立った補強といえば、衰えの
見える大岩の後継者なのかオリンピック世代の伊野波(基本、ボランチで3バック真ん中、4バ
ックでの起用はないかも)を獲得。
ほぼ固定されているスタメンによる安定したパフォーマンスは、今季も変わらないと思う。
気になるのは、ゼロックスS杯での敗戦。この時期にチームの戦い方に迷いが出てしまうよう
な敗戦が審判によって作られては開幕をまともに戦うのは難しいと思う。



アジア王者・浦和レッズ

今期も「我慢が出来ない」補強を繰り返し、ただでさえ分厚い選手層がさらに厚みを増した
梅崎・エジミウソン・高原・三都主とトップレベルの選手を獲得。なかでも私が注目するのは、梅崎
と高原。特に梅崎にはポンテの代役という大きな期待がもたれる。と、いうのも堅守が武器の浦和
にとって、攻撃に関してはその多くがポンテのファンタジーから始まり、ポンテ不在時の浦和の攻撃
に迫力は格段に落ちていました。梅崎はポンテの代役にふさわしいだけでなく、途中出場しても
結果が出せる能力も持っていると思う。もし、浦和に弱点があるとすればFW陣が一新されたこと、
昨年同様に多くの試合をこなさないといけないぐらいか?


ガンバ大阪

ガンバに関しては、実は一番いい補強をしたと思っている。すでに若手No1と言ってもいい水本を
千葉から大分から福元を獲得し、退団したシジクレイの穴を完璧に埋めたと言っていい。そして、
FWにも日本での実績十分なルーカスを獲得。昨年の同じ、もしくはそれ以上のクォリティの陣容
が揃っている。
問題は、今年、代表&オリンピックで主要選手がいなくなることが予想されること。ヤット・二川・
橋本・播戸・安田・加地(もしかすると明神も)。中盤の空洞化が心配され、またそれを補うはずの
家長も移籍。夏前辺りと終盤に失速する恐れアリ。


清水エスパルス

長谷川監督いわく、「昨年と変わらない事が変わった」というだけあり、熟成路線をひた走っている。
本田拓也・辻尾のオリンピック世代と新外国人を獲得し、新戦力も期待できる。しかし、大筋な戦い
方が変わらないが熟成路線で去年以上の結果を残せるか不安。チェ・ジェジンの退団は決定事項
だったみたいだが、それでも熟成路線のエース離脱は、やはり厳しいのでは?


川崎フロンターレ

Jリーグファンなら間違いなく、今年一番の注目チームとみているであろう川崎。凶悪3トップが繰り
出す攻撃は、もしかするとJ歴代最強と言ってもいいかも。受け売りだが、J1得点王ジュニーニョ、
J2得点王フッキ、東アジア選手権得点王チョン・テセ。間違いなく、J最強の攻撃陣(機能すれば)だ。
それに加え、我那覇も実践復帰しており、昨年以上の得点が期待される。ACLによる試合数の
増加もなく、順調にいけばなんらかのタイトルを獲得できるもっとも有力なクラブだろう。補強にも
山岸という戦術理解度の高い選手を獲得。唯一の懸念点は、3バックぐらいだろう(箕輪の怪我)。
今期、正直このチームと戦いたくない。特に守備的なチームは守備戦術の崩壊に繋がりそうな攻撃
陣を恐怖していると思う。打たれ弱い我がアルビの天敵といってもいい。


横浜F・マリノス

優勝候補ではあるが、いまいち決定打がない。補強も目立った動きはなく。最近では、外国人補強
に失敗が続いておりなかなか優勝戦線に加わっていない。しかし、桑原監督の存在が決定打となる
可能性もある。ジュビロ磐田の黄金期を作った桑原監督の存在はかなり期待が持てる。現有戦力、
特にDF陣はJでもトップクラスのタレントを誇り、中盤にはチームの顔に成長した波に乗っている
山瀬がいる。問題は、ストライカーだけだがすべては桑原監督の若手起用にかかっているように思う。


柏レイソル

レイソルは、補強に甲府の戦術の柱・茂原と横浜FCの菅野を獲得した他は、めだった補強はなく、
基本は熟成路線と見ていい。石崎監督いわく(チュンソン代弁)、「戦う、戦う、戦う」と精神面を前面
に出した戦い方となるだろう。不安要素は、やはり戦力の上積みが見られないこと。去年は、その
戦う姿勢とフランサ・李・菅沼というトライアングルが機能し、開幕ダッシュができたが今年は難しい
と思う。また、フランサがケガが多いのも気になる。(フランサのファンタジーが今年も見れるのは
うれしい限り)


ジュビロ磐田

磐田の補強で注目するのは、やはり名波と駒野、そして仙台のエースだった萬代。毎年、”黄金
時代復活”を目標に掲げる古豪。黄金時代を知る選手が少なくなり、今だ優勝戦線に名前が上が
る光明が見えていない。今期もいきなりエースである前田がケガで離脱、前線で得点を期待でき
る選手が少なく、開幕から選手層に不安を抱える。ただし、磐田の不安定な戦いを修正できれば
上位に進出するだけの力を持っているのはたしか。カレン・成岡のブレイクが必須と思われるが。


ヴィッセル神戸

毎年、潤沢な資金でビックネームの獲得を繰り返してきた神戸。今年も韓国のスター”金南一”を
はじめ、吉田孝行・鈴木規郎・松橋章太・古賀誠史を獲得し、名より実を選んだ補強に見える。
今季は、近藤のFC東京へ復帰が決まった為、レアンドロ・大久保の2トップが予想され、中盤で
アタッカーを担っていた大久保の後釜に松橋、ハードワーカーに金と中盤も強化されると思われる。
去年のチームをベースに新加入が純粋に能力が底上げされたと感じる。とりあえず、常に安定
された戦いができれば上位進出も。


名古屋グランパス

名古屋の補強はなんといっても、ストイコビッチ監督。名古屋でのそのカリスマ性は絶大で、常に
フロント陣に不満を持つサポたちの支持を集めるのに文句のない人選。しかし、名選手が名監督
になるわけではなく、実績のない監督に不安は隠せない。(ジーコの再来と揶揄されることも)選手
の補強では、深井・マギヌン・バヤリッツァとFW・MF・DFに行いチームの底上げは出来た。
今季は、やはり下位チームの取りこぼしをなくし、”ミスター中位”の汚名返上が目標が妥当。
とりあえず、”ミスター中位”は名古屋さんに任せておきたい、アルビさぽとしては・・・。


FC東京

羽生・ブルーノクアドロス・カボレと補強を行ったが、原監督でも立て直せなかったFC東京。かつ
ては、上位に名を連ねていたFC東京に戻るには、さびしい補強に見える。現有戦力の奮起は必須。
特にアテネ世代の台頭は絶対条件。石川・茂庭・徳永・今野。そして、今季こそ爆発が期待される
平山には、移籍したルーカスの穴を埋めるだけではなく、チームの柱となることが期待される。


ジェフ千葉

正直、目も当てられない。どうすればここまで主力選手が退団するのか疑問すら残る。羽生・山岸
・勇人・水野・水本、中盤を丸々移籍、守備の柱の水本と今年の千葉はほぼ、新チーム。補強も
新潟から問題?を起こして退団した坂本、セレッソから苔口を獲得したが出入りのバランスは
とれていない。
正直、降格候補といってもいい。しかし、走るサッカーを徹すればダークホースになる可能性もある。


大分トリニータ

シャムスカマジックと呼ばれながら降格を逃れてきた大分。今季の補強は、ベテランながら脅威の
得点力を誇ったウェズレイと左サイド主戦場とする家長と鈴木慎吾を獲得。梅崎・松橋章太・福元
と将来有望な選手を放出したかなり不満の残るオフシーズンだったのでは。
とりあえず、慎吾にはありったけのブーイングをしてあげたい。もちろん、愛のあるブーイングで。


大宮アルディージャ

アルビの開幕戦の相手。昨シーズンはギリギリのところで残留を決めたが、今季の補強はそれ
どほど積極的に行っていない。ほとんどが新人でせいぜい横浜FCの内田ぐらいである。ポテン
シャルは高いチームとは、思うが昨年の失敗を補強で埋められない現状で今年も同じ路線で
いくのか?

コンサドーレ札幌

間違いなくJ1でも下位の運営資金を誇り、若手中心でまさかのJ1昇格を果たした札幌。札幌の
戦術は、DFとFWの距離を狭くしプレイエリアをなくして相手のチームのいいところを潰す。堅守
速攻で8人で守り2人の外国人で点を取る戦い方は変わらないようだ。このチームの要注意人物
は、間違いなく三浦監督。J1クラブとの戦力差を埋める力は、監督の頭と言っていいかもしれない。
もっともアルビが苦手なチームと言っていいと思う。簡単に勝てないだろう。


東京ヴェルディ

古豪がようやくJ1に復帰。J1復帰に尽力したラモス監督が退任し、柱谷監督が就任した。怪物
エース・フッキが退団したものの、福西・那須・土肥・フランシスマールを獲得した。福西と言う中盤
の核を得て、チームの底上げはできた。しかし、フッキの穴は埋められたかは疑問が残る。
正直、どこまで実力があるかは未知数といえる。


京都サンガ

柳沢・林・勇人・増嶋・シジクレイと昇格組では、一番の補強を行ったサンガ。今年は、是が非でも
残留をしたいという熱意を感じる。
残留するには、十分な戦力とはいえないがJ1で戦ってきたベテランと将来有望な若手を揃え、こち
らもJ1での実力は未知数といえる。

 

と、ぬるい立場から少しだけ皮肉をいれて語ってみました。書けば書くほど、wktkがとまらなくなってきました。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード