忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年2月22日(日) 秋葉原UDX


マクロス超時空進宙式典 ~ほんとに2009年になっちゃった・・・2.22(にゃんにゃんにゃん)
だよデカルチャー!~
」(正式名称、ながっ)に行ってきました!!

このイベントは、2月7日から開催されていたスタンプラリーに参加し、秋葉原UDXにある東京アニメ
センターに設置された抽選会場にて当選することで、前半の「超時空トークショー」・後半の「超時
空進宙式典
」のチケットをGETすることで参加できるイベントでした。
参加券はそれぞれ500名が用意され、多くの方が参加され悲喜こもごもな結果となったみたい。
私は、運良く両方のイベントの参加券をGETすることができ、最初から最後まで参加することが
できました!

はっきり言って、感激・感動のデカルチャーの嵐!!
ということで、この一大イベント「マクロス超時空進宙式典」の全てをレポートしたい、と思います!

次は、「超時空トークショー」後半部Bパートを掲載します。

090222-macros-top-1.jpg











では、「超時空トークショー」のAパートとなる”マクロス誕生秘話”を掲載します。
注:多少、聞き違いや文章を起こす上で加筆しています。

このトークショーに登場したのは、
監督・河森 正治 アルト役・中村 悠一 シェリル役・遠藤 綾 ランカ役・中島 愛
宮武 一貴。
(基本、敬称を略します、文中の()は、私のつぶやきです)


-どうなる!?マクロスF劇場版-

司会「テレビ放送を振り返っての感想は?」

中村「1年3ヶ月ほど経ったけど、ぜんぜん終わった感がない。
振り返って見たんですけど、決着ついてないし(笑)
また、ラジオも続いているし。
アフレコ現場で女性陣に、アルトくんが(女の子に)フラフラするたびに女性陣から罵声を
浴びせられるんですよね。アルト役だけど、アルトの脚本は俺が書いてないから、あそこに
いる人(河森)言ってくれ!って。
僕から見ても、ときたま許せないときあるし。」

(罵声を浴びせられて当然!)

司会「中島さん、遠藤さん、お二人からみてアルトくんがフラフラしてると、どう思いましたか?」

遠藤「やっぱり、例の20ン話の時は、もちろん中村さんのところへ行って、「これ、どういう
ことですか?
」って聞いちゃいました。そしたら「しょうがないよ」って言われたので「あっ、
しょうがないんだな
」って受け止めたんですけど。」


中村「そういったこともありましたね」

遠藤「振り返ると、いろんなことがあったが、まだ終わった気がしない。やったことない
キャラクターだったので楽しくて、新鮮で楽しかった。」


中島「すごく早かった。
2007年の春、高2か3のときにオーディションを受けた。当時は精一杯だった。
その後、ランカ役をやることになって、がらっと人生が変わった。わたしの人生の軸が出来た
と思います。新しい私が出来た。」

司会「河森監督、うれしい言葉ですね」

河森「続けてきてよかった。ジーンときました。
25年経って、まだ続けるとは思わなかった。
マクロスFを作る際、周囲からマクロス7ほど変えないで、最初の頃のマクロスの
雰囲気に戻して欲しいってオーダーだったので。やってて楽しかった。」
(マクロス7みたいに作ったら、ここまで人気ならなかったでしょう)

司会「役への思いは?」

中村「あまり主人公を演じたことがなかったため、大変だった。主人公って視聴者目線の
ため、振り回されることが多い。」


司会「中村さん的にランカとシェリルのどっちにいくのかなぁと思ったことは?」

中村「初代のマクロスに似せるって話があったんで、意外にぜんぜん違うところにいくの
かなぁ。
突然キャシーにくっつくとか(笑)

会場大爆笑!(クランじゃなくて、キャシーかよっ)

司会「今、中島さんと遠藤さんを見られましたよね」

中村「ええ、ちょっといやらしい目で品定めをしたんですけどw やっぱ終盤にランカの
変貌振りを見るとシェリルかなぁ、と思いました。まぁ、僕が河森さんに翻弄されましたね。
わかりませんでした」


遠藤「役を見たとき、「あ、これ私無理です」と思いました。
いやいやいやいやいや、これは違うでしょって感じ。でも、決まったからには決まった
理由があるんだろうからがんばりました。
でも、1話のアフレコをしたとき、創造していたのと印象が違った。
お姫様っぽいなぁと思ったが、監督からはそうはならないでと言われたんですけど、
シェリルのプロフィールとかみると、普通の女の子には見えなかったんです。でも、後半に
なって普通の女の子だったんだなって。多分、私が演じた女の子の中で一番弱い女の子
なんだなって感じました。」

中島「オーディション時から声と歌が担当だって聞いて、キャラクターは?って聞いたら、
天真爛漫で元気な女の子としか知らなかった。当時、17歳で、自分とあまり変わらないん
だろうなぁと思った。で、歌は好きだけど、人前で歌うのは苦手というのも似ていた。
オーディションの時から自分と重ねて観ていて、物語やアフレコ、レコーディング、ライブと
進んでいく中で、ランカと重なっていきました。10話くらいにはかなりリンクしていたと思い
ます。ランカ・リー=中嶋愛、と感じました。」


司会「劇場版製作を聞いてどう思った?」

中村「劇場版ではいろいろ決着がつくのかなぁと思っている。誰とキスするんだろうな?」

河森「何回もしてるけどね」

中村「ま、キスはちょいちょいしてますけどね。超銀河ラブストーリーがどうなるのかなぁ、
と楽しみです。あと、河森さんはなんでも取り入れて作品に反映させちゃう。だから、劇場版も
どんどん形が変わってるって聞いてます。」


河森「ライブ感覚でやってますから、今日、なんか言えば劇場版に取り入れるかもしれま
せんよ。」


中村「この間、雑誌を見たら劇場版はクランが主役?って書いてあったんですよ。
そんな馬鹿な!
違う!超銀河ラブストーリーの人じゃないじゃん!って、ぐらいどうなるかわからない。」


客「シェリルを(劇場版では)バルキリーに乗せて!」
突然。会場のお客さんが河森さんにお願いが

遠藤「はい、才能はありますから乗れます!」
ソレを聞いた遠藤さんが間髪を入れずに即答!

司会「シェリルからOKが出ちゃいましたが、監督、大丈夫ですか?」

河森「なるほど、考えます。どのシーンにしようかな?なんとかなる、と思います!」
(えっ、マジで?劇場版でシェリルが本当にバルキリーに乗ったら、おそらくこのイベントがきっかけ
です)

遠藤「22、23話くらいのときに劇場版の話を聞いた。
テレビ版では決着がついていなかったので、それを聞いたときは当然だよなって思った。
一視聴者としてスクリーンで見たい。」


中島「同じく22、23話くらいのときに聞いた。その時点でもうパニックですよ。自分の作品が
どんどん大きくなっていくのが不安だった。でも、大きいスクリーンで見れるのは楽しみ。
もしかしたら、もっと歌わせてくれるかも、と思ってみたり。」


司会「中島さんは、劇場版でこうしてほしいことってあります?」

中島「アルトの彼女はランカじゃダメですか?」

遠藤「えっ、シェリルじゃ!!」
(なんとなく、痴話げんかに発展)

中村「Aパート、Bパートで分けてやればいいじゃん」

中島「えっ、どういうことですか?それ」

中村「同時公開二本立て」
会場大拍手!

遠藤「シェリルルートとランカルート、なんか大変そう」
(ルート、って、それじゃあエロゲじゃん!)

中村「俺が忙しくなるじゃん」

遠藤「でも、ランカルートの時、シェリルの出番が少なそう」

中村「いっそ、ゲームでいっか!ゲーム化」

中島「でも、ランカとシェリル、どっちとくっついても、誰かが不幸になる見たくないんですよね。
なので全員が幸せになれるエンドが見たいなぁ。」



河森「非常に大変だなぁ・・・」

司会「遠藤さんは、こうしてほしいってのあります?」

遠藤「久しぶりにえらそうなシェリルが見たい。本当にこいつめんどくさいって言われるくらいの。
女王様なシェリルを見てみたいなー。」


司会「中村さんは?」

中村「男の子としての意見を言わせてもらうと、そろそろVF-28とか出てきてもいいんじゃね?
って思う。」

(俺もそう思う!)

河森「28!28かぁ」

中村「そのままの乗るよりも、新しいヤツ乗りたいなぁ」

河森「意外なものには乗るかもね。」


と、ここで河森監督の携帯(オオサンショウウオくん)に電話が入る。
呼出音はSMS小隊の歌。

河森「ブリッジから電話です。そろそろ時間なので、
劇場版の初歩的なPVを流しましょう。」

会場、動揺!

今日初公開のPVが流れる!
中村・遠藤・中島による生アフレコ!
PVのテーマ曲には、ランカの新曲「そうだよ
(新曲、めっちゃイイ曲。感動したお)
セリフ自体に関連性はなく、劇中で使われるセリフとの事。

ランカ「ねぇ、アルトくん、シェリルさんのこと、どう思う?」
アルト「うそだろ、あいつがそんな!!」
シェリル「みそこなったわ、アルト。私は、どうせもうすぐお別れなんだから」
ランカ「どうがんばっても、自分はシェリルさんみたいになれないよっ!」
シェリル「本番では、もっとギリギリ限界までカッコよく飛びなさい」
アルト「やめろ、ランカに手を出すな!」
ランカ「シェリルさん?どうして、私の」
アルト「どんなことがあっても、お前はひとりぼっちじゃない!」
(妄想が掻き立てられる)

映像自体は、新作カットなし。テレビ版のパッチワークと思われ。

PV最後に大きな(仮)の文字が入る。
会場、失笑。
中島、初の生アフレコに緊張しすぎて、放心。


司会「監督にお聞きします。劇場版は、こうするつもりってのがあれば」

河森「スクリーンの大画面を生かして、命をかけて明日、会えるかわからない。そんな中
でのラブストーリーを強調して行きたいな。自分たちが銀河を旅している感じをいかに
出せるか。」


司会「最後に中島愛さんからファンの皆さんにメッセージをいただけますか?」

中島「劇場版ではマクロスの世界がもっと大きくなっていくと思います。私自身も一回りも
二回りも大きくなった声も歌もみなさん、楽しみにしてください。
ところでみなさん、2月17日、20日は何の日か、わかりますよね?」


河森・中村・遠藤「あー、そうか」

中島「2月17日は遠藤さんの誕生日。20日は河森さん、中村さんの誕生日。
みんなで歌(ハッピーバースデイ)を歌って祝福しましょう!」


花束とプレゼント贈呈。プレゼントは3人とも同じもの(Wiiのカラオケジョイサウンド)
まめぐと会場みんなでハッピーバースデーを歌う。


司会「では、最後にみなさんからメッセージを」

中村「会場の熱気を感じ、これはいいものを残していかなきゃと思った。
一応、2009年になっていますが、一応ね。ぜひ開場に足を運んでください。」


遠藤「皆さんと同じ視点で見ている。期待が大きく、どれだけすごいものができるのか楽しみ
にしています。」


河森「本当に今日、集まっていただきありがとうございます。
27年前はこんなふうに現実に進宙式が行われるとは思ってもいなかった。50年後には
マクロスFの時代がくるので、そのときにまたフロンティアを感じてもらえるようにがんばって
いきたい、と思います。」


SMS小隊の歌で退場。

--完--


いやー、生で中島愛さんと遠藤綾さん見ましたけど、かわいいですねー。あと、声。遠藤綾さんは、
全然、声がシェリルに聴こえないんですけど、中島愛さん、素の声がそのまんまランカ。笑える
ぐらい、ランカ。目を閉じると、本当にランカでした。
やっぱ、生声聞けるってイイすねー。

次の記事では、大感動の進宙式典の様子を掲載します!


[関連記事]
マクロス超時空進宙式典 -会場の様子-
マクロス超時空進宙式典 -会場前の展示物-
マクロス超時空進宙式典 -会場にいたコスプレ彼女-
マクロス超時空進宙式典 -会場にあった痛車-
マクロス超時空進宙式典 -超時空トークショー Aパート-
マクロス超時空進宙式典 -超時空トークショー Bパート-
マクロス超時空進宙式典 -超時空進宙式典-
マクロスファンの皆さん、ゴメン!大山総帥が降臨した
マクロス超時空進宙式典 スタンプラリーレポ&抽選結果報告
マクロス超時空進宙式典 スタンプラリー in アキバ
マクロスA(エース) Vol.001 ついに発売!!
みんなの声を作品にする、それがTMA!!超時空コスプレ作品登場
『セーフティードライブ キャンペーン in 海ほたる』 ポスターGETだぜっ!
「娘たま♀」発売!ドキッ!!ウタモノだらけのマクロスソングの集大成
マクロスFRONTIER OST2「娘トラ☆」ヤックゼントラ盛り
マクロスFRONTIER OST「娘(ニャン)フロ1」ゼントラ盛に感動
マクロスFRONTIER 第25話「アナタノオト」 レビュー
マクロスFRONTIER 第24話「ラスト・フロンティア」 レビュー
マクロスFRONTIER 第23話「トゥルー・ビギン」 レビュー
マクロスFRONTIER 第22話「ノーザン・クロス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第20話「ダイアモンド・クレバス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第19話「トライアングラー」 レビュー
マクロスFRONTIER 第18話「フォールド・フェーム」 レビュー
マクロスFRONTIER 第17話「グッバイ・シスター」 レビュー
マクロスFRONTIER 第16話「ランカ・アタック」 レビュー
マクロスFRONTIER 第15話「ロスト・ピース」 レビュー
マクロスFRONTIER 第14話「マザーズ・ララバイ」 レビュー
マクロスFRONTIER 第13話「メモリー・オブ・グローバル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第12話「ファステスト・デリバリー」 レビュー
マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」 レビュー 
マクロスFRONTIER 第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」 レビュー
マクロスFRONTIER 第9話「フレンドリー・ファイア」 レビュー
マクロスFRONTIER 第8話「ハイスクール・クィーン」 レビュー
マクロスFRONTIER 第7話「ファースト・アタック」 レビュー
マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第5話「スター・デイト」 レビュー
マクロスFRONTIER 第4話「ミス・マクロス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第3話「オン・ユア・マークス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第2話「ハード・チェイス」 レビュー 
マクロスFRONTIER 第1話「クロース・エンカウンター」 レビュー  

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード