忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんは、゛バスビー・ベイブス゛をご存知でしょうか?1958年2月6日、チャンピオンズカップ
(現在のチャンピオンズリーグ)を終え、ベオグラードからの帰途についていたマンチェスター・
ユナイテッドを襲った゛ミュンヘンの悲劇゛と呼ばれる飛行機事故で生き延びたマンUの選手たち
の呼び名です。


この゛ミュンヘンの悲劇゛は、マンUを乗せた飛行機が給油のためにミュンヘン空港に立ち寄り、その
日は積雪という悪天候の中、チャンピオンズカップに大きなプライオリティを置いていないFAの判断
により、強行日程を強いられていたマンUは2度の離陸中止をした中、3度目の離陸を試みましたが、
離陸に必要な速度を得られず、空港のフェンスを越え、空き家などに激突。乗客43名中、23名が
死亡するというフットボール誌上に残る飛行機事故が発生してしまいました。



当時、黄金時代を迎えていたマンUの主力選手8人と多くの関係者の命を奪い、また多くの選手
が負傷、または選手生命を奪ってしまいました。亡くなった主力選手の中には、当時のエースで
間違いなくイングランドのレジェンドに選手として名を連ねるはずだった゛ダンカン・エドワーズ゛の
名もあり、その影響は、その後のチャンピオンズカップをサブメンバーだけで戦い敗退しただけで
なく、黄金時代にあったマンUを衰退させるに十分でした。

しかし、奇跡的に生存した監督゛マット・バスビー゛のもと、事故に遭い精神的落ち込みから復活した
レジェンド゛ボビー・チャールトン゛が中心になり、ミュンヘンの悲劇の生き残りが若手が中心となった
マンUを支え、事故から10年後となる1968年にイングランド勢初となる悲願のチャピオンズカップを
制覇し、マット・バスビー率いる”バスビー・ベイブス(バスビーの子供たち)”は、その不屈の精神で
マンUを復活させました。この時の若手の中には、レジェンド・稀代のドリブラー゛ジョージ・ベスト゛・
金髪の悪魔゛デニス・ロー゛が在籍し、ミュンヘンで失くしてしまったモノを10年の歳月をかけて、生き
残った選手・監督・関係者が取り戻したサッカー史に残る最高級の復活の物語です。


チャンピオンズカップを獲得した際、”バスビー・ベイブス”の象徴であるボビー・チャールトンが祝勝
会を欠席し、こんな一言を妻に残したそうです。

「関係のないメディアの連中と馬鹿騒ぎをするのには耐えられないんだ。
        この勝利は僕たち(ミュンヘンの悲劇に遭った人たち全員を含む)の物だ」


ボビー・チャールトンは、冷静沈着で人望が厚い人物だったそうです。そんなボビーだからこその
一言だと思います。

マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム”オールドトラフォード”の外壁にある時計が
飾ってあり、その時計は、”ミュンヘンの悲劇”が起きた時刻のまま止まっているそうです。
私は、いつかこのスタジアムに訪れ、この時計を見るという小さな夢を持っています。


”ミュンヘンの悲劇”が起きて、2008年2月6日(水)でちょうど50年になるそうです。
マンチェスター・ユナイテッドは、いまも多くのスターを輩出し、プレミアリーグでも最高級の輝きを
放っています。
ビッククラブには、それ相応の歴史があり、それを見て・知ることでサッカーの奥深さ・難しさ・面白さ
がわかってきて、サッカーへの探究心が増すばかりです。

我がアルビレックス新潟がこういった歴史の重みを持つビッククラブになれるように私たちサポーター
もがんばって応援していかなければなりません。もちろん、ミュンヘンの悲劇のようなことは、絶対に
起きてほしくないことですが。

最後にミュンヘンの悲劇でお亡くなりになった方々に、ご冥福を祈らせていただきます。


[関連記事]
TOYOTAクラブワールドカップ ACミラン-ボカ・ジュニアーズ ぬっぺり評
TOYOTAクラブワールドカップ エトワール・サヘル-浦和レッズ ぬっぺり評
TOYOTAクラブワールドカップ 浦和レッズ-ACミラン ぬっぺり評
TOYOTAクラブワールドカップ セパハン-浦和レッズ ぬっぺり評
TOYOTAクラブワールドカップ ワイタケレ-セパハン ぬっぺり評
平日のアキバ模様 12月13日版 
ボカがアキバにやってきた!!


[関連リンク]
ミュンヘンの悲劇 wikipedia
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード