忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1103] [1102] [1101] [1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年3月27日(金) 秋葉原UDX・イベントスペース


現在、秋葉原UDXで開催されているバンダイのロボットフィギュアイベント「TAMASHII NATION 2009」
で27日金曜日、18時から「TAMASHII NATION 2009 マクロスF トークショー」が開催されました。
このトークショーには、マクロスFの総監督・河森正治氏をはじめ、メカデザイナーの石垣純哉氏、
そしてランカ・リーの声優・歌を担当した”まめぐ”こと中島愛さんが参加されました。
今回、バンダイのイベント担当の方に取材を依頼し、イベントに参加させていただきました。マジで
感謝・感謝です。

ということで、トークショーの内容を掲載したい、と思います。
(バンダイさんの許可をいただき、イベントの取材をしております)

090327-tamashitork-1.jpg







 



トークショーが18時からということで、会社帰りの人が参加できるのかなぁ?と思っていたら、この
トークショーに参加できる整理券は、午前中に配布が終了してしまう、と言うほどの大盛況。
イベント1時間前には、整理券を持った方が今か今かと期待した様子で列を作られていました。

参加者を観て見ると、男性が9割近くを占めていて、マクロス進宙式典の時のようにコスプレした人
やSMSのジャケットを着た気合の入った人は、さすがにいませんでした。

17時40分あたりから入場が開始され、イベント会場は用意された席は満杯のうえ、多くのゲスト、
プレス陣が集まっていました。だいたい、参加者は150人ぐらい?

そして、18時。


では、トークショーの内容を掲載します。(多少、トーク内容を加筆、および省いています。)

会場のモニターにオープニング曲「ライオン」が流れ、司会の女性が登場。

司会の女性の紹介でゲスト登場!

今回のトークショーに出演されたゲストは、
 河森正治 (総監督/バルキリーデザイン)
 石垣純哉 (メカニックデザイン)
 中島 愛 (ランカ・リー役)
 泉 勝洋 (バンダイコレクター事業部企画担当)
 上田禎夫 (バンダイコレクター事業部DX超合金開発担当)


司会「河森さんは、歴代バルキリーのデザインをされていますが、それぞれのバルキリーがどのような
経緯でデザインができたのか、教えてください」

VF-1が画面に映し出される

河森「このVF-1は、私が19-20歳の時に考え始めたヤツで、ガウォークが先にできて別の
作品として考えていて、その作品が企画として通らず、でマクロスの企画の方が通りそうで、
このままでは考えたガウォークが使えない。せっかくやるなら、ホンモノの飛行機に近づけたい、
と考え1年ぐらい工夫してたんですけど、F-14トムキャットに出会って、2個のエンジンの位置
からインスピレーションを得て、バルキリーが1週間ぐらいでできました。
ブレイクスルーまでに時間がかかりましたけど、楽しかったです。」


泉「タカトクさん、商品から出てましたね」

河森「最初、タカトクさんからも飛行機は絶対、売れないから止めてくれ!って言われたん
ですけど、試作品を持ち込んで見せたら、「これで行きましょう!」って言われました。それで
できましたね。そのときの1号機がまだ持ってるですけど、25年経った今でも変形して遊んで
るんですけど、全然、壊れない。」


泉「数年前にバンダイから復刻したんですけど、シールのところとか全部直してくれたん
ですよね」


河森「当時、遊んでいてシールが剥がれるのが嫌だったので、全部印刷で複製をつくったん
ですよ。」


司会「では、次の機体を」

YF-19ファイアーバルキリーが画面に映し出される

河森「これは、マクロス7という、マクロスシリーズでも一番とんでもない作品。当時、天邪鬼
な性格で「二度と同じことはしたくない」って、思っていて、同じことをやってたらつまらないから、
同時にマクロスプラスという正当派OVAをやっていたので、メカファンから総スカンを
喰らってもイイから他でマネされないような作品を作ろうと思って、空前な作品はあっても
絶後な作品はないだろう、と思って歌うパイロットを思いつきました。
この機体は、このVF-19はマクロスプラスの時はYF-19・試作機として登場してるんですけど、
実は公的には話してないんですが、実はこの機体、
「天空のエスカフローネ」の為に用意した
機体だったんですよ!エスカフローネの初期Verで、変形すると騎士のようなカタチになる
という企画があって、エスカフローネが別のデザイン、竜になったんで、残ったこの機体を
直してプラスで使いました。」

(エスカフローネ、懐かしい。って、YF-19エクスカリバーってエスカフローネの機体だったの?)

泉「放映されたときに、商品として出させてもらったんですけど、その後、ファイアーバルキリー
商品化に恵まれなかったんですけど、多分、今後、上田の方でなんとかしてくれる・・」


上田「はい、今、VFハンドレスというシリーズで商品化を考えています」

司会「では、次の機体」

VF-17ナイトメアが画面に映し出される

河森「これもマクロス7で出て来たVF-17という機体で、ホンモノの飛行機が詳しい人なら
知っていると思いますが、F-117っていうアメリカの最初のステルス機。ステルス戦闘機と
いってますけど、実際は攻撃機なんですけど、ソレをベースに考えたんですけど、最初、
VF-117を見たときに許せなかったんですよね。こんなもの空を飛ぶなんて許せなかった
です。実際の飛行機の性能として、非常に低くてホンモノを見に行ったんですけど、
ホンモノみるとよく飛んでるな!と思って、パイロットに聞いてみたら「大丈夫だ!
コンピュータ4個積んでるから大丈夫だ!」って言われて、4個でアシストしないと
飛べない機体なんだ、と思った。
バルキリーよりもデストロイドの雰囲気を持たせて見た機体。
ただ、これもアニメの時以来、商品化されてないんですよねー」

(河森さんって、戦闘機オタなんだなぁ)

泉「ファイアーバルキリーの後は、上田が必ず作ってくれると思います」

河森「これができると、マクロスFで出てくるVF-171、これの後継機種なんで、VF-171とも
ども商品化を期待しています」

(VF-171、意外にかっこいいんだよなぁ。VF-17よりもなんか、イイ)

上田「がんばります」


司会「次は」

VF-25メサイアが画面に映し出される

河森「これは、マクロスFの機体。VF-25、最新の一つ。ブレラが載っているVF-27。VF-25は、
マクロス25周年ということで、25だったんですけど。
VF-1のイメージを使って、でも変形機構は全然違う。VF-1に似ているけど、全然違う。」

(VF-25の25は安易だって、思ってたけど・・・。)

泉「こちらの機体、超合金で発売させてもらって売れ行きがかなり好調で。アクエリオンの時
にCGのデータを頂いて、CADに落として作る商品の第二弾として作らせてもらったんですが、
最初は物語もわからない状態で戦闘機のデータを頂いて、削り出しで戦闘機をみて
いただいたんですけど、その時点でスーパーパーツがついていたんですよ」


河森「そうそう、スーパーパーツ・アーマーパーツを付く前提で作っている。戦闘機自体は、
スリムに変形した時、パーツをつけた時は重量感が出るように作りました。
また、アクエリオンの反省であまりにも複雑な変形機構をシンプルにしようと思ったんですけど、
実際はそうでもなかったですね」

泉「VF-1の頃よりもはるかに難しい変形機構でした」


司会「では、バルキリーの話になると永遠と続きそうなので、ここでメカデザイナーとして参加された
石垣さんにお話を聞きたい、と思います。マクロスクォーターとエクスギアのデザインで苦労した
ところはありますか?」

石垣「マクロスクォーターのデザインは、宮武さんが最初していたんですが相手が河森さん
なんで相当難航していたらしいのですが、そんな時に電話で「任せる」と言われたんです。
軍用のエクスギアは、河森さんが担当していたんですけど、結局、軍用も民間もやるように
なって、河森さんに細かいところを聞くと、どんどん新しいアイディアがでてきて、キリが
なかった。楽しかったんですけどね。
宮武さんから引き継いでから、戦闘艦のデザインを大きく変えました。マクロスは、
掃討艦というイメージがあったので、宮武さんのイメージに混ぜて提出したらOKをもらえた。」


司会「エクスギアの方は?」

石垣「こちらは、河森さんのイメージを引き継いだんですが、困ったのが”翼を付けてくれ”
という河森さんの要望。エクスギアは、コックピットシステムが付いてるんですがこの翼、
どう収納すればいいの?って感じで、しかも最初は翼が4枚。で、ファイアーバルキリーの
主翼が腰にあるのを観て、アイディアをもらったんですよ。」


河森「1話の冒頭で学校のカタパルトからアルトが飛んでいくシーンをどうしても作りたかった
ので。」


石垣「デザインは、民間の方が難しかったですね」

泉「実は、エクスギアの模型が今回展示されているんですけど、こちらは新しいシリーズが
立ちあげるんですが”××××××”の第1弾として投入しようと思ってます」

(こちらは、会場の人のみに公開された情報なので、シリーズ名は隠しておきます)


司会「では、中島さんに質問です。中島さんは、ホビーに触れたりすることはありますか?」

まめぐ「マクロスFの商品、実際に遊んでます。メサイアの変形をがんばってやって見たん
ですけど、すっごく難しかったです。なかなか、ちゃんと組み立てられなくて。バルキリーは、
ホビーの方から学ばせてもらってます。」


泉「テレビCMで「私でも組み立てられるって」っていってたのにw」

まめぐ「ほんとにすいませんw」

泉「一応、実際の超合金メサイアを持ってきました。中島さん、どうぞ」
超合金メサイアをまめぐに渡す

まめぐ「ありがとうございます。飾りたくなりますね。でも、飾るより変形とかで遊んだ方が
いいですね」


司会「マクロスF劇場版についてなんですが、まずこちらをご覧ください。」

進宙式典で流れてたマクロスFのPVが流れる。

司会「河森さん、この映画の見どころを教えてください」

河森「TV時から言っていたのですが、大きな画面でお見せしたかったです。ライブシーン
には、相当、力を入れていて、ランカとシェリルの新曲も用意してあります。」


司会「石垣さんからの見どころは」

石垣「劇場版?僕もよく全容がわかってないんですよー。作業はしているんですが、
まぁ、作業から見ると相当、ムチャなことを・・・・。」


河森「いや、色々とアイディアを。あっ、今、色々とアイディアを募集していて、めぐみちゃん
からもアイディアを聞いたりしてます。やりたいことがあればやりますんで。進宙式典でも
アイディアをもらったんで」


まめぐ「私のアイディアも採用してくれるかな?なんて」

上田「じゃあ、ファンの一人として。再現できるかはわかりませんが、メサイアの新装備を」

河森「メサイアのですよね。考えます。」


司会「さっきのPVで流れたのは、新曲ですか?」

まめぐ「そうなんですよ。劇場版って聞いた時から、ライブシーンとかシェリルとランカの
新曲があるのかなぁ?と思ってたんですけど、この新曲をもらった時に本当にイイ曲で
感動しました」


河森「本当にイイ曲で。この曲なら本当にすごいシーンができそうです」

まめぐ「本当にいち早く、劇場版をみたいです!」

河森「最大船速でがんばってますが、周りからは遅いって言われてます」

司会「バンダイさんからも劇場版に向けて、色々商品化を企画されてるそうですけど」

泉「今、お話があったとおり、なにも聞いていないので、早く教えていただければ劇場版に
あわせますよ。特にメカは、絶対に商品化しようと思ってます」


河森「構想はあるんですけど、なぜか手が空かないんですよねぇー、あはは」


まめぐ「メカも新しいのが出てくるんですか?」

河森「新しいのも・・・・・、でたりしますねー」

泉「その前にTV版のメカの商品化がまだまだあるので」

河森「そうですね、VF-27とかVF-171とかヴァジュラとか。ヴァジュラ、変形できるんだよね」

石垣「ヴァジュラ、ちゃんと変形するんですよ」


司会「では、最後に一言ずつ」


石垣「多分、劇場版はすごいことになるんだろう、と思ってます。まだ、全貌は分かって
いませんが、倒れないように全力でがんばります。」


まめぐ「マクロスFは、2009年もマクロスピードで突っ走ると思うんで私も負けないように走って
いきます」


泉「バルキリー、発売が好調でこんなに売れるとは思ってませんでした。今後ともよろしく
お願いします」


上田「マクロスファンに満足してもらえるものを作っていきます」

河森「マクロスシリーズ、今年で27年ですが、27年前からマクロスを支えてくれている方に
感謝です。みなさんを本当にマクロスフロンティアの住人と思って、劇場版ではとんでもない
窮地に陥れるかもしれませんがよろしくお願いします」



と、ここでトークショーが終了。・・・・と思ったら、まめぐ再登場!!
しかも、生ライヴまで!!!

ステージでまさかの「星空間飛行」・「天使の絵の具」の」2曲を披露してくれました!!!!

ステージに上がり、
まめぐ「ランカ・リーです。みんな、いくよ」
小声で、「みんな、いくよ」って問いかけられた時、みなぎった!

まめぐ「みんな、いくよ?準備はいいですか?
            準備はいいかな?コレ、聴きたいですか?

もちろん、コレはキラっポーズ!

まめぐ「だきしめて、銀河の果てまでーーーー!」
みなぎっっっっってwきwたwぜーーーー!
と、ただ、私、今回プレスサイドなため、激しい行動はできません。
ただ、今回の観客は、どうもマクロスFファンというよりもロボットファン・河森ファンが多いのか、
進宙式典のようなノリの良い観客が少なかった。「星空間飛行」の振り付けをする人、数人。
さすがの私も「キラッ」のところをプレスサイドで・・・、っていうかプレスの人もキラっポーズ
してたし・・・・。

そして、「天使の絵の具」。
ええ曲ですわー。私、シングル「ノスタルジア」買っちゃいましたから。
会場もさすがにこの名曲に酔いしれてました。


と、まめぐのまさかの生ライヴが終わり、本当にトークショーは終了。
 
今回のトークショーは、魂ネーションの一部とあって、ホビー色の強いトークが多く、また来場
されていたファンの多くも、ホビーファン・ロボットファンが多かったみたい。それでも、相変わらず
河森監督は、トーク好きですねー。富野監督もそうですけど、トーク技術はないんですけど、
すぐ他人のトークに割り込んでくる。ただ、河森監督のいいところは、富野監督と違って空気を
読むところ。河森監督は空気を読んで、まめぐがしゃべりづらいところをフォローする形で
割り込むけど、富野御大は自分のタイミングで勝手に割り込むからなぁー。


ということで、マクロスファン(根っからのガノタだけど)としても、まめぐ好きとしてもかなり濃密な
トークショーでした。
バンダイの関係者の方、河森さんらゲストの方々、本当にありがとうございました。


[関連記事]
TAMASHII NATION 2009 -イベントの様子-
TAMASHII NATION 2009 -ガンダム-
TAMASHII NATION 2009 -その他のロボット-
TAMASHII NATION 2009 -フィギュアなど-
マクロス超時空進宙式典 -会場の様子-
マクロス超時空進宙式典 -会場前の展示物-
マクロス超時空進宙式典 -会場にいたコスプレ彼女-
マクロス超時空進宙式典 -会場にあった痛車-
マクロス超時空進宙式典 -超時空トークショー Aパート-
マクロス超時空進宙式典 -超時空トークショー Bパート-
マクロス超時空進宙式典 -超時空進宙式典-
マクロスファンの皆さん、ゴメン!大山総帥が降臨した
マクロス超時空進宙式典 スタンプラリーレポ&抽選結果報告
マクロス超時空進宙式典 スタンプラリー in アキバ
マクロスA(エース) Vol.001 ついに発売!!
みんなの声を作品にする、それがTMA!!超時空コスプレ作品登場
『セーフティードライブ キャンペーン in 海ほたる』 ポスターGETだぜっ!
「娘たま♀」発売!ドキッ!!ウタモノだらけのマクロスソングの集大成
マクロスFRONTIER OST2「娘トラ☆」ヤックゼントラ盛り
マクロスFRONTIER OST「娘(ニャン)フロ1」ゼントラ盛に感動
マクロスFRONTIER 第25話「アナタノオト」 レビュー
マクロスFRONTIER 第24話「ラスト・フロンティア」 レビュー
マクロスFRONTIER 第23話「トゥルー・ビギン」 レビュー
マクロスFRONTIER 第22話「ノーザン・クロス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第20話「ダイアモンド・クレバス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第19話「トライアングラー」 レビュー
マクロスFRONTIER 第18話「フォールド・フェーム」 レビュー
マクロスFRONTIER 第17話「グッバイ・シスター」 レビュー
マクロスFRONTIER 第16話「ランカ・アタック」 レビュー
マクロスFRONTIER 第15話「ロスト・ピース」 レビュー
マクロスFRONTIER 第14話「マザーズ・ララバイ」 レビュー
マクロスFRONTIER 第13話「メモリー・オブ・グローバル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第12話「ファステスト・デリバリー」 レビュー
マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」 レビュー 
マクロスFRONTIER 第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」 レビュー
マクロスFRONTIER 第9話「フレンドリー・ファイア」 レビュー
マクロスFRONTIER 第8話「ハイスクール・クィーン」 レビュー
マクロスFRONTIER 第7話「ファースト・アタック」 レビュー
マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」 レビュー
マクロスFRONTIER 第5話「スター・デイト」 レビュー
マクロスFRONTIER 第4話「ミス・マクロス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第3話「オン・ユア・マークス」 レビュー
マクロスFRONTIER 第2話「ハード・チェイス」 レビュー 
マクロスFRONTIER 第1話「クロース・エンカウンター」 レビュー 

 

PR

コメント
無題
アサガヲ、最近、勢いにのってるね
【2009/03/28 15:19】 NAME[アサガヲの種なし] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
SAY,SAY,勢いには乗ってませんよ。
つか、なんの勢いですかw
調子には乗ってるかも・・・・。そっちの方がヤヴァイ
【2009/03/30 00:39】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード