忍者ブログ [Since 2008.07.29]
アキバ・サッカー・ガンダムをぬるヲタがのっぺりするブログ
[1224] [1223] [1222] [1221] [1220] [1219] [1218] [1217] [1216] [1215] [1214]
アサガヲBlogはライブドアブログさんに 引越しました。

移籍先のアドレス アサガヲBlog(仮)
http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

大変、お手数とは思いますがブックマークなど設定したいただいてる方は、
是非、ご変更のほどをよろしくお願いいたします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年6月8日(月)


昨年起きた秋葉原無差別殺傷事件から本日で1年が経過しました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、当Blogは”秋葉原”という街の様々な情報を記事にさせて
いただき、運営しております。1年前までも秋葉原で行われていた歩行者天国の様子などを記事に
させていただいておりました。
そして、1年前に起きた秋葉原無差別殺傷事件が起きた現場にも30分遅れながら現地に到着し、
1分1秒を争う緊急状態の現場で、ただ見てその現状が理解できず、ただ混乱するだけの人間
の一人でした。

事件当時、現場にいた者として、また秋葉原という街を題材にこのBlogを運営をさせていただいて
いる者として、本日、会社を休ませていただき事件が起きた時間に現場に赴き、献花をさせて
頂きました。
(この献花に際し、献花台周の撮影は控えさせて頂いています。)

090608-AKIBA-1.jpg









おそらく、携帯電話の電池が切れており友人が待ち合わせを30分遅らせていなければ、事件に
出くわしていたでしょう。
しかし、事件こそ出くわさなかったものの事件発生間もない現場は、情報混乱や道路に残るの
生々しい血や目の前で起きている生死を分かつはずの救命活動、すべてが日常では起こり得ない
ような現実で、私は戸惑うばかりでした。
人の生死を笑顔で携帯電話を使い写真を撮る人々、テレビ番組の撮影でピースサインで写ろう
とする人々、命を救うために集まっている特殊車両を嬉々として写真を撮ってる人々。
私自身、こういった行為を目の前にし、少し人間が怖い、と思いつつも、結局は私も周りから見て
いるだけで、こういった行為をしている人々と大差はなく、生死を分かつ現場でただ、逃げ回って
いた人間だと、自覚しております。

事件後、少なからず「何かできたのか?」や「もし、いつもどおりアキバに行っていたら」とか、
「犯人を目の前にしたら、どうした?」等と考えることも少なくなく、少しでもこの事件に対し自分に
対しケジメというか、”自分ができること”を考えるようになり、献花秋葉原の清掃活動に参加
させていただきました。これらの行動は、自己弁護でしかないし、その行動があの事件に繋がる
とも思っていませんでしたが、あの時、行動できなかったことへの後悔が払拭できると・・・。

そして、1年が経ち、歩行者天国がなくなってしまい、秋葉原の街も事件の影響を受けながらも
少しずつ、本当に少しずつ元の姿に戻ってきています。
元に戻ることがイイか、悪いかは私には判断できません。しかし、少なからずこのような事件が
二度と起きないことを祈り、お亡くなりになられた方々に対し、花の一つでも送るぐらいはできる、
と思い今回、献花に参加させていただきました。

090608-AKIBA-2.jpg










仕事を休むに際し、休む理由が”秋葉原の事件が1年経つので献花に行きたい”って言ったら、
怒られるかなぁ?と思ったんですが、詳しく事情を説明したら普通に休ませてくれました。いい職場
だなぁー。

現地に着いたのは12時半ごろ。
現場となったソフマップ本店前では、献花台などは設置されていませんでしたが多くの花束が添えら
れていて、ちょうどお坊さんによる読経が始まっていました。
この読経に対し、被害者の関係者の方、多くのアキバの関係者、そして一般の方が集まり、冥福を
祈っていました。
しかし、私自身、この日、この時間に献花に行く事を迷ったのですが、やはりマスコミの方々のモラル
の低さが目に付きました。
おそらく、テレビカメラを担いだテレビクルー(フジテレビ)は、冥福を祈ってる人の前に強引に
割り込み、お坊さんの撮影するのを必死でカメラが冥福を祈ってる目を瞑ってる人の顔にぶつけて
いたり、お坊さんのすぐ横でモバイルPCを操っていたり・・・、笑顔で談笑する(産経新聞)カメラ
マン。はっきりいって、邪魔。

13:30ぐらいにお経も終わり、多くの花束が添えられているところに私も添えさせていただきました。
また、被害者の関係者の方がに深く一礼をさせていただき、マスコミが占拠するこの場を離れさせて
頂きました。

とりあえず、この後、アキバがどのような街になっていくかわかりません。また、昔のような活気が
戻ってくるかもわかりません。それでも少しずつ、活気があるアキバが戻ってきてくれることを願い
ます。
また、こういった事件が二度とおきないことを切に願います。

この事件でお亡くなりになった方々のご冥福を祈らせていただきます。
                                             アサガヲBlog ごっづ


[関連記事]
秋葉原通り魔事件について
献花台にお花を添えてきました
第6回 秋葉原おそうじ志隊 参加レポート

PR

コメント
無題
この時、現場は通行の妨げになって迷惑だった。

祈りたかったら仕事終わった後帰りに寄るか
仕事のない休みの日にすればよい

お坊さん、車道に出ているのは危ない

献花やドリンク類も溜まって見苦しい
結果として放置されごみになるんだから
各自持ち帰ればいいし
手を合わす程度十分だと思う
【2009/06/09 21:10】 NAME[ひまわり] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
ひまわりさん、コメントを頂いたのですが主張内容が
よくわかりません。
ご存知かわかりませんが、一応、このブログ、個人ブログ
ですよ。

>この時、現場は通行の妨げになって迷惑だった。

迷惑と思われたかもしれませんが、私としては謝罪できません。
私が謝罪することは、あの場にいた全員の方に非があるように
受け取られると思うので。

>祈りたかったら仕事終わった後帰りに寄るか
>仕事のない休みの日にすればよい

仕事帰りだろうと休みの日であろうと、状況は変わらないのでは?
ひまわりさんが通った時に祈らなかったら、いいんですか?何様ですか?
こんな幼稚で自己中心的なコメントをするひまわりさんがそれほど
えらいとは思えないのですが・・・。

>お坊さん、車道に出ているのは危ない

そうですね。危ないと思います。警察の方も認識していての行為なので
警察に言ってみてはどうですか?

>献花やドリンク類も溜まって見苦しい
>結果として放置されごみになるんだから
>各自持ち帰ればいいし

一応、私の認識では区の方が献花したお花やお供え物は管理して
いて、一定の期間で廃棄していただいていると思います。
知らなかったとはいえ、こういう考えをするひまわりさんが
言葉にしている時点で、ひまわりさんの方が見苦しいとおもうのは
私だけですかね

>手を合わす程度十分だと思う

それは、それぞれの考えや背景があると思います。ひまわりさんが
正しいと言う考えが、すべて正しいとは限らない、ってこと考えた
ことあります?
自分中心で考えないで、周囲の人の声や家族の声に耳を傾けてみたら
どうですか?少しは、聞き苦しい考えが変わると思いますよ。

ひまわりさん、責任を持つ必要がないからと言って、なんでも
思い通りの言葉を表現する場ではないとご認識ください。
【2009/06/10 19:16】
無題
あの事件からすでに一年も経ったのかと思うと月日は速いですね……。
馴染みの深い場所であっただけに、非常に衝撃的な事件でした。決して風化させてはいけない事件だと思います。
仕事の為に献花にはいけませんでしたが、この場を借りて、事件の被害に会われた方々にお悔やみ申し上げます。
【2009/06/10 22:27】 NAME[RH] WEBLINK[] EDIT[]
Re:無題
RHさん、コメントありがとうございます。
同じアキバが好きな人間として、そういう思いを持っていただける人が
いるってだけでうれしいです。
【2009/06/10 23:01】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
渾身のコスプレ彼女記事
突撃!イベントレポ









mixi始めました!
ごっづのmixi日記
(2010/02/12 2月・3月の予定掲載)
最新コメント
[08/12 ざわわざわわ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ごっづ
性別:
男性
職業:
プログラマー
趣味:
ガンダム、アニメ、サッカー
自己紹介:
自称・ガンダムオタク。
秋葉原とコスプレとイベント、そしてコスプレ好きな変態です。アルビレックス新潟を応援するサッカー好き。
夢はコスプレの個人撮影とオールドトラフォードでサッカー観戦。

アサガヲBlog連絡先
asagawo☆live.jp
(☆をアットマークに変えてください)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード